南国通信「楽園からのらくがき」The Diving Junky Magazine

パラオの海から

マリンレイクのイソバナ

僕らが運行するクルーズ船「龍馬I」には日本人の他に、パラオ人、フィリピン人のクルーが乗務しています。 彼らは皆な真面目でよく仕事をしてくれます。プロとしての意識... 続きを読む »

人恋しい

人恋しいのであります。 こんな書き出しで始めると、「いよいよ秋野は頭おかしくなったんじゃないか?」と思われそうで心配ですが、人恋しいのです。 パラオには未だ数十... 続きを読む »

光り輝くということ

7月になりました。いよいよ日本はオリンピック開幕に向かってまっしぐらといったところでしょうか。 色々な意見もあるとは思いますが、誰かが何かを決断しなければいけま... 続きを読む »

遊び心

人間なんて生き物を長年やってくると、仕事でも私生活でも勉学でもなんでも思い通りに行かないことなんて山ほどあります。 いや、思い通りになることの方が少ないのだと気... 続きを読む »

普通がいいよね

日本はコロナの第四波が猛威を振るい、緊急事態宣言も出てと、あまり喜ばしいニュースではない状況のようです。皆さまもどうかお気を付けください。 僕ら海外組は日本の復... 続きを読む »

再始動

この豪海倶楽部が、再始動となりました。 今まで見てくださっていた皆さま、そしてこれから新しく読者となってくださった皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。 僕は... 続きを読む »

太陽に向かって

新しい年になりましたが、水の中には新しい年も古い年もありません。ただ生き繋ぐ生物たちのドラマがあるだけ。食べるため、生き残るため、子孫を残すため、彼らは全力を尽... 続きを読む »

人が来ない事での変化

12月は師走であるが、何が師走かと突っかかりたくなるほどの2020年。 今年はいかがでしたか?なんて聞きたくもないし、聞いてほしくもない。そんなこんなで今年が終... 続きを読む »

光明

高水温の事に関しては先月ちょっと書きましたが、その影響がより顕著になってきました。 特に内湾のハマサンゴ類の白化がすすんでいる印象です。 西部太平洋の水温が全体... 続きを読む »

高い水温

いよいよ10月である。パラオが鎖国をしてから半年が経った。 この間に変ったことと言ったら、パラオ在住の日本人の数と、僕のお腹周りの肉の量くらいだろうか。前のは減... 続きを読む »

激動の陸上、変わらぬ水中

世の中は激動の時代に突入しようとしているのでしょうか。 日本は総理が変わることになり、アメリカやパラオも11月に大統領選が行われます。 コロナの影響も負荷となり... 続きを読む »

ちょっとくらい。

ブルーコーナーでは、午後3時以降になるとドロップオフの棚上にクロヒラアジの群れが上がってきます。 決まって午後からで、夕方だとその群れの数は更に増えます。 おそ... 続きを読む »

ヘレンの住民

本来なら今頃はヘレンにいるはずだった。 毎年恒例になっている龍馬クルーズでのHELENリーフ遠征が、今年は6月に行われる予定だった。 気の合ったお客さんたちと気... 続きを読む »

リサーチダイブ

毎日潜り放題という話しは先月も書きました。 驚いたことに今月もどうやら潜り放題のようです。まあ、それは自体はどうすることもできないので良いのですが、折角潜り放題... 続きを読む »

バラフエダイの卵拡散

さて、世の中はダイビングに行っちゃだめ、海に行っちゃだめ、と自粛ムードがだんだんと息苦しくなってくるころでしょうか。 でも、皆さん大切なことなので、ご自身を守る... 続きを読む »

大変なことである。

大変なことである。何が大変か?なんてここに書くまでもないだろう。 パラオはイレズミフエダイのシーズンだと言うのに、ダイバーが居ない。これは大変なチャンスである。... 続きを読む »

一心不乱

毎年春から初夏にかけて龍馬の遠征ルートが増える。 僕の好きなルートが多いので乗務も多くしている。必然、朝一発目の早朝ダイビングもよく潜る。 パラオのジャーマンチ... 続きを読む »

パラオの春の風物詩

パラオの春の風物詩であるイレズミフエダイの大産卵が今年もやってくる。 毎年3月から5月の新月前に巨大な群れを作る。 コロールからでも、クルーズでもアプローチでき... 続きを読む »

※ 2010年1月以前の記事は、こちらをご覧ください。
秋野
秋野 大

1970年10月22日生まれ
伊豆大島出身
ガイド会所属

パラオ在住23年。気がつけば現地在住の現役ガイドでは最古参。「データ」が大好物で、なんでもかんでもすぐに分析したがる「分析フェチ」。

だいたいの魚は好きなのだが、未だにブダイのことだけは苦手。とりわけ3cm以下の魚には激しい興奮を示し、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じるらしい。

洋酒より焼酎。肉より魚。果物と酸っぱいものは見て見ぬふりをする。最近甘党。人生ビール党。

ミクロネシア・パラオ エリア情報

ミクロネシア・パラオ
DayDream PALAU

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydreampalau.com

DayDream PALAU

関連キーワード

アオサハギアカグツイサキイソバナイソマグロイトヒキベライナダウミウウミヒルモオオメカマスオキノスジエビオルトマンワラエビカジメカマスガラスハゼキザクラハゼキンギョハナダイギンガメアジコバンザメサクラダイザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニスジキツネベラスジハナダイセダカギンポセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノタカベタコベラタテジマヤッコタマギンポダンゴウオチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトビヌメリニシキオオメワラスボニジギンポニホンイモリハチジョウタツブラックフィンバラクーダベニゴマリュウグウウミウシホヤホンダワラマメダワラミジンベニハゼモンガラカワハギモンツキカエルウオロウソクギンポワクロ幼魚産卵白化

パラオの海から < トップ