今月の一枚The Diving Junky Magazine

今月の一枚

  • 2020年12月:最後の写真は
    最後の写真は
    この号が、僕の最終の豪海倶楽部のレギュラー投稿です。 読者の皆様、ありがとうございました。 17年前に始まったそうですが、思えば、この17年の間に、卒業した友人... 続きを読む »
  • 2020年11月:シオマネキ
    シオマネキ
    シオマネキの本がだいたい出来た。 背景が泥だから、とても地味だけど…。 河が作る干潟に生きる生き物。 星や森など、自然の大きな仕組みを話すにはとてもいい題材だ。... 続きを読む »
  • 2020年10月:もう1回
    もう1回
    あの暑さはどこに行った? 伊豆で生活しているが、夜など肌寒いくらいです。 雨が多くて、晴れても周りに土が多いから湿度は相当高く、ドカタ仕事をするととんでもない汗... 続きを読む »
  • 2020年9月:オオモンハゲブダイの顔
    オオモンハゲブダイの顔
    東伊豆に引っ越してきてから、ドカタと家の修理、改造ばかりしていて、来年春に刊行予定の仕事サボってます。笑。 暑くてやる気が起きない。 1冊は、海の色について。子... 続きを読む »
  • 2020年8月:海とは違う美しさ
    海とは違う美しさ
    梅雨が長いですね〜でも、もう少しでしょう。 コロナだけど、夏です。じじいは出かけにくいですが…。 さて写真は、西表島の浦内川で撮影したマングローブです。 新芽以... 続きを読む »
  • 2020年7月:青い海に浮く
    青い海に浮く
    8月頭に発売のイカは大食らい(福音館書店)。 浮遊系の撮影で多くの珍しいイカの写真をゲットしたけど、アオリイカを1番多く使った。僕にとって初めて海中で見たイカだ... 続きを読む »
  • 2020年6月:種不明の魚
    種不明の魚
    まだまだ感染が続くだろう新型コロナ。 仕事、商売上、大変な思いをしている方も多いだろう。 僕らはリモートワークは出来るけど、肝心の取材はやりにくいし、そもそも本... 続きを読む »
  • 2020年5月:羽ばたける日
    羽ばたける日
    皆さま元気にお過ごしのことと思います。 長い、長すぎる行動停止ですが・・・。 長い人生の中で、こんなこともあるからポジティブに何かを楽しんでね〜。 この亀のよう... 続きを読む »
  • 2020年4月:色模様
    色模様
    こいつは、なんでしょう?って、わかると思うけど。 タテジマキンチャクダイの子供です。 来年に出す予定の子供の本3部作の中に色というのがあって、ま〜海の色といえば... 続きを読む »
  • 2020年3月:アジの子供
    アジの子供
    みつけてごらん! うみのかくれんぼ あかね書房より この題、子供の本ではかなりよく使われて、僕自身も他の会社でやったことあるのだが…。笑 子供はかくれんぼ大好き... 続きを読む »
  • 2020年2月:コウイカ
    コウイカ
    そろそろ、福音館書店の子供の本、たくさんのふしぎの締め切りが迫ってきた。 過去からのイカ君との付き合いを振り返ってみると、40年以上にわたって、引かれ続けている... 続きを読む »
  • 2020年1月:今年も無事に
    今年も無事に
    新年あけまして、おめでとうございます。 今年も1年、無事に過ごせれば良いですね。 ま〜よろよろしながらも、今年も無事に潜れることを目標にしつつ、製作中の本を、な... 続きを読む »
  • 2019年12月:イカ
    イカ
    来年には、イカで子供の本を出すのだけど、イカっていうのは、やはり人の心をそそるようだ。 まずは外観、生態的にも面白いところが見られるし、種類によって色や形も、か... 続きを読む »
  • 2019年11月:オビテンスモドキ
    オビテンスモドキ
    台風被害、大丈夫だったでしょうか? 我が家、世田谷区も多摩川が氾濫して、同じ世田谷区ということで心配されましたが・・・。 夏までは西日本が大変、秋からは東日本。... 続きを読む »
  • 2019年10月:必ず何かが違う
    必ず何かが違う
    幼魚大図鑑の製作開始。 ここ10年近く止まっていたやつを再開、今まで数回再開しては止まるという状態でしたが、学者先生が一応定年になり、時間の余裕ができたから。 ... 続きを読む »
  • 2019年9月:アオリイカ
    アオリイカ
    イカの本を作っている。 初めてイカを見たのがいつかはあまりに遠い話で、忘れてしまったが、超初心者の頃のことだ。 キラキラ輝き、色を次々と変化させながら、怪しい生... 続きを読む »
  • 2019年8月:ハナイカの卵
    ハナイカの卵
    久方ぶりの柏島。 ハナイカの卵を撮りに来たのだが、どうも今年は少ないらしい。 1箇所見に行ってみたが、中の2が、成長した感じで、眼が赤くなっていたが、ここからハ... 続きを読む »
  • 2019年7月:ツノメチゴガニ
    ツノメチゴガニ
    更新遅れました〜〜。笑 子供の本の製作に没頭していたら、と書くとかっこいいですが、ぼっとしていただけか〜。 干潟とそこに住むカニなどのお話です。 海の満ち引きで... 続きを読む »
※ 2010年1月以前の記事は、こちらをご覧ください。
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
関連キーワード

アオサハギアカグツイサキイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダウミウウミヒルモオオメカマスオキノスジエビオルトマンワラエビカジメカマスガラスハゼキザクラハゼキンギョハナダイギンガメアジグルクンコバンザメサクラダイザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニスジキツネベラスジハナダイセダカギンポセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノタカサゴタカベタコベラタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトビヌメリニシキオオメワラスボニシキヤッコニジギンポニホンイモリハチジョウタツハマチブラックフィンバラクーダブリベニゴマリュウグウウミウシホヤホンダワラマメダワラミジンベニハゼモンガラカワハギモンツキカエルウオユリタツノコロウソクギンポワクロ幼魚産卵白化

今月の一枚 < トップ