必ず何かが違う

コメント »
イチモンスズメダイの幼魚

幼魚大図鑑の製作開始。

ここ10年近く止まっていたやつを再開、今まで数回再開しては止まるという状態でしたが、学者先生が一応定年になり、時間の余裕ができたから。

イチモンスズメダイの1.5cmぐらいの子供。

これより小さくなればなるほど、ミヤコキセンスズメダイの子に似てくる。1番後ろの青い部分が、ミヤコキセンは長く黒が混じるのが特徴だけど。

下がミヤコキセンの子で、このサイズなら一目でわかるけど、小さくなればなるほど種の特徴がはっきりするまで難しい。学者さんは見切り発車はしないから。

生活する環境が違う感じもあるけど、場所によっては混じることもある。少ないけど。

ミヤコキセンスズメダイの幼魚

で、これをやってて、1番感動するのは、もっとすごく似てる種でも、必ず何かが違うということ。

当たり前の話なんだけど、めちゃ似てて、世界の誰も気がつかなかったことが、ある日誰かが気がつくことがある。

まじ〜〜!って感じだ。

そしてしばらくすると、それは誰でもわかるじゃんって感じになるのが面白い。

絶対外観からじゃわからないって、学者さんが言ってたのもわかってしまうことがある。

DNAの解析とか、どんどん安くなってわかることが増えるだろうから、面白いよね。

幼魚の探索をしてて、わかったからどうなの?ってのはあるけどね。笑

トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/10/yusuke/ichimai/5904/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
必ず何かが違う < 今月の一枚 < トップ