勢いのある写真

久々の小笠原で、イルカ撮影をどじった。まじ笑った。完全にブラしてる。。。

夏過ぎに、小笠原DCの森田一家にお世話になる予定。昔、親の方の森田に手伝ってもらって、イルカを追いかけた。今は息子さんもガイド。

一日船を走らせて、全然出ない日とかあったな〜。

金のない若いカメラマンには、ガソリン代だけで超痛い出費であった。1週間食い物とか我慢したって、1日分も出なかったもんな〜。

船代とかガイド代とか、出せるわけもなく、みんなが手弁当で協力してくれたからできたわけだ。

浮遊系の撮影では、urashimanの森下にお世話になり、マッコウでは、シートピアにお世話になり、せめていい写真撮って発表しようと、頑張ったものだ。

時が流れて、頑張れない、頑張らないオジサンは、小笠原再デビューの計画です。

動きの速いイルカの撮影が好きだったのだけど、今はからきし自信がないので、ま〜経験とずる賢さだけは進化しているはずなので、なんとかなるかな? それも楽しみである。

ニコノス15mmで撮影した、勢いのある写真。

大型のハウジングで撮影可能なのだろうか? ミラーレスの小型ハウジングでも作らないと無理かな?

浮遊系とは、次元の違うタイプの撮影だから、どうなることやら。

イルカ
トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/05/yusuke/ichimai/5628/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
勢いのある写真 < 今月の一枚 < トップ