浮遊系

小笠原ツアー、ここでは定番みたいな外腸を持った稚魚。

トカゲハダカ科の一種、ワニトカゲギス目だそうだ。

どんな親だか、確か真っ黒の深海系だったか、5cmくらいだったかな。

このあと、2cmほどの超小さいのもいたけど、ほぼ同じ感じだった。

2cmのチビ、森下氏さすがの発見だ。

写真と違って、もろ水に溶けてしまう透明さ。

撮影中、ガイドさんのプロの目でも、一瞬でも目を離せばもう見つからないような奴であった。

手強い奴が多い。一人で撮影していたら、すぐに見失ってしまうだろう。

撮影中、ストロボの強さとか変えたいのだけど、これをやると、また見失う被写体の多い浮遊系。

見つけたらガバガバ撮ってから、色々考えないとなんだけど、すぐに変更したかったり、撮影の結果の一応の確認をしたりしてよく見失う。

阿部ちゃんがあだ名をつけた、通称乳首ちゃん(謎の生物)。

発見して、5枚ほど撮影して、ストロボ調整してたら見失った。ピント合っててよかった〜〜。

やっぱ3人ぐらいで撮影するのが、見失う頻度も少なくていいんだよな〜。

トカゲハダカ科の一種
トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/04/yusuke/ichimai/5601/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
浮遊系 < 今月の一枚 < トップ