ツノメチゴガニ

コメント »

更新遅れました〜〜。笑

子供の本の製作に没頭していたら、と書くとかっこいいですが、ぼっとしていただけか〜。

干潟とそこに住むカニなどのお話です。

海の満ち引きで、陸になったり海になったりする場所。

海関係の人には当たり前ですが、とても面白い。陸と海がせめぎ合う場所です。

そして太陽と月と地球の位置関係が潮の満ち引きを作るわけで、星が作るリズムなんですね。

で、写真ですが、そんな西表島の干潟に生きるカニ。

ツノメチゴガニ。

両手を上に振り上げて、テリトリーの主張だと思うのですが、幅1cmに満たない小さなカニです。

遠くから見ると、手をあげるたびにキラって光る。

何だろう?って思いました。

でもやはり主人公はシオマネキ。

エビカニを一生懸命やっていた、峯水ミネちゃんと一緒だったな〜。

ツノメチゴガニ
トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/07/yusuke/ichimai/5740/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
ツノメチゴガニ < 今月の一枚 < トップ