今月の一枚The Diving Junky Magazine

オオモンハゲブダイの顔

コメント »

東伊豆に引っ越してきてから、ドカタと家の修理、改造ばかりしていて、来年春に刊行予定の仕事サボってます。笑。

暑くてやる気が起きない。

1冊は、海の色について。子供の本だから、よりシンプルにしたいので、派手めのやつに目が言ってしまう。

でも、地味目があっての派手めなわけで、そこは工夫がいるよな〜。

なぜ?こんな色というのが、1番素直な反応だから、それに対する答えが難しい。どうするかな〜。

先日、外国の番組をNHKのBSでやってたんだけど、最新の進化論は、ダーウィンが唱えた自然淘汰についても、多少面白いことが発見されつつあるみたいだ。ダーウィン先生が聞いたら、びっくり興奮するだろうと学者さんが言っていた。

わずか15年で、種子を変えたタンポポの仲間とか、都会生活で尾羽の色を変えた鳥だとかが紹介されていた。状況によっては、それほど速く変化していくわけだろう。

色を一瞬で変える生き物。人間の住む陸上とは、光の状況が違う中での色は、そう簡単には、僕の本のように、ほんの少しの説明でいい本でさえ難しい。

そこで、目標を、青の世界の海は、色の見え方が違うこと。

そもそも多様な生物の眼の構造や色への感性は違うだろうし、かと言って擬態カモフラージュは、水中での人間にも通用するし、僕らの眼と同じ部分と違う部分があるはずだ、ぐらいかな〜。

でもやっぱ1番大事なのは、人間の目にすごい色に映ることなんだと思う。考えると訳がわからんので、素直に作るしかないな。

手ごわいのは、編集者という人種が、やっぱ理由が好きなことだ。頭いい系の人多いし。

オオモンハゲブダイの顔、理由聞かれても〜困るな=笑

オオモンハゲブダイの顔
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/09/yusuke/ichimai/6471/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー

オオモンハゲブダイの顔 < 今月の一枚 < トップ