オビテンスモドキ

コメント »

台風被害、大丈夫だったでしょうか?

我が家、世田谷区も多摩川が氾濫して、同じ世田谷区ということで心配されましたが・・・。

夏までは西日本が大変、秋からは東日本。

休む間もないですが、自然には逆らえないので早めの避難しかないですね。

さて、幼魚図鑑の制作に励んでばかりで、すでに飽きてきました。

そんな折見つけた可愛いやつに、癒されます。

オビテンスモドキという、長い名前。

魚で1番長い名前が、どいつだか知りませんが、昔友人と盛り上がったのが、シマクダリボウズギスモドキ、13文字。

サビクダリボウズギスモドキというのもいます。笑

舌を噛むような名前ですね〜。

でこいつ、1.5cmぐらいで、海底を木の葉が舞うように、波に揺られながら泳いでいます。

ヒラヒラ=ヘラヘラ〜って感じで、撮影は、ま〜少し難しいですね。

でも可愛いので、沢山撮影しちゃいます。親は25〜30cm。もっとチビ君は頭ばかりデカくて、トゲが短いですね。

なんか用?って感じかな。

オビテンスモドキ
トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/11/yusuke/ichimai/5944/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
オビテンスモドキ < 今月の一枚 < トップ