イカ

コメント »

来年には、イカで子供の本を出すのだけど、イカっていうのは、やはり人の心をそそるようだ。

まずは外観、生態的にも面白いところが見られるし、種類によって色や形も、かなり面白い。なんか宝石みたいなやつもいるし。

僕がダイビングを始めた頃、古すぎて、大して何も覚えてないのだが、初めて水面で出会った時の印象は今でも覚えている(多分アオリイカの子供)。

あと印象的で覚えているといえば、一人で潜水中に猫ザメの子供(多分30cm)に出会って、陸に逃げ帰ったことぐらいかな〜。

だからあの頃の印象を大切に、そして近頃よく撮る、深海系の不思議なヤツとか加えていくと、イカの魅力が伝わると思っている。

今いる須江でも、なんかイカ撮りてぇと思うのだが、全然いない・・・。目標作っても無駄なのが海だな。

なんでもいいから、目の前のもの撮るべし。

アオリイカ
トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/12/yusuke/ichimai/5985/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
イカ < 今月の一枚 < トップ