今月の一枚The Diving Junky Magazine

色模様

こいつは、なんでしょう?って、わかると思うけど。

タテジマキンチャクダイの子供です。

来年に出す予定の子供の本3部作の中に色というのがあって、ま〜海の色といえば、カラフルって感じがありますよね。

で、子供になんで?って質問されるらしいのです。

で、親としては、答えたいので、そんな感じに作ってくれと。

ま〜色々それらしい答えはありますが、本当のところはいつも微妙なのが自然のような気がします。

複合的な理由だったり、役に立ちそうだし、そうでもなさそうだし。

後付けの解釈だったり、それなりに実験されて、あり得るなって思えるものもありますよね。

でも親御さんに答えて欲しいのは、こういう感じに考えられてるけど、本当はどうなんだろうねです。僕的には。

全部に割り切れる理由が無いのが、本当な気がします。

今地球上に生存する生き物は皆、なんらかの強みがあって生き残っているのでしょうが、その強みはあくまで今の環境の中で、向いている強みなんだと思います。

環境が変わると、強みが一気に弱みになるのが、自然なんだろうな〜って感じですよね。

この色模様、目が全然わかりません。大切な眼を守るデザイン、海には多いですね〜

タテジマキンチャクダイの子供
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/04/yusuke/ichimai/6205/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー

色模様 < 今月の一枚 < トップ