南国通信 - パラオの海からThe Diving Junky Magazine

再始動

この豪海倶楽部が、再始動となりました。

今まで見てくださっていた皆さま、そしてこれから新しく読者となってくださった皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

僕はパラオに居るのですが、ご存知のように、パラオは昨日3月末まで鎖国をしていました。

誰も入って来れない状態でしたが、今日4月1日よりトラベルバブルというキャンペーンが始まります。世界的に見ても画期的に早いのではないかと思います。

当面はコロナゼロのパラオと、とてもコロナが少ない台湾との2か国のみでのキャンペーンとなるようですが、1年にもなった鎖国からの復活が、どうか順調に進んでいくことを願って止みません。

と、そんなことを書きたかった訳ではありません。

そんなパラオ、この時期はまさに乾季ベストシーズン真っ只中です。

冬の貿易風が弱まり、夏の南西風が吹き始めるまでの2か月ほど、パラオでは凪の日が数日あります。そんな凪の日にしか撮れない写真がこれです。

海の写真

高速でボートを走らせているときに、船首から顔だけ出して海面を撮影しました。そうです、これは空ではなくて海の写真です。

パラオは熱帯ですから、そもそも気温は高いところです。

ですが、海の上では海風があるので快適に過ごせます。しかし、こんな凪の日はその風がありません。「油を流したような水面」は、ボートが走っているときは滑っているような気分で最高ですが、一たびボートが止まると暑いあつい。

でも、僕らはダイビングに来ているので、この暑さもまた正しいパラオだと思うのです。

次回パラオにいらしたときには、ぜひこの凪を体感してください。

日本からもダイバーの人たちが来れるといいなぁなんて思ってしまいますが、それはもうしばらく先の話しでしょうか。

秋野
秋野 大

1970年10月22日生まれ
伊豆大島出身
ガイド会所属

パラオ在住23年。気がつけば現地在住の現役ガイドでは最古参。「データ」が大好物で、なんでもかんでもすぐに分析したがる「分析フェチ」。

だいたいの魚は好きなのだが、未だにブダイのことだけは苦手。とりわけ3cm以下の魚には激しい興奮を示し、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じるらしい。

洋酒より焼酎。肉より魚。果物と酸っぱいものは見て見ぬふりをする。最近甘党。人生ビール党。

ミクロネシア・パラオ エリア情報

ミクロネシア・パラオ
DayDream PALAU

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydreampalau.com

DayDream PALAU

バックナンバー
関連キーワード

アオサハギアカグツイサキイソバナイソマグロイトヒキベライナダウミウウミヒルモオオメカマスオキノスジエビオルトマンワラエビカジメカマスガラスハゼキザクラハゼキンギョハナダイギンガメアジコバンザメサクラダイザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニスジキツネベラスジハナダイセダカギンポセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノタカベタコベラタテジマヤッコタマギンポダンゴウオチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトビヌメリニシキオオメワラスボニジギンポニホンイモリハチジョウタツブラックフィンバラクーダベニゴマリュウグウウミウシホヤホンダワラマメダワラミジンベニハゼモンガラカワハギモンツキカエルウオロウソクギンポワクロ幼魚産卵白化

再始動 < パラオの海から < トップ