南国通信 - パラオの海からThe Diving Junky Magazine

ちょっとくらい。

コメント »

ブルーコーナーでは、午後3時以降になるとドロップオフの棚上にクロヒラアジの群れが上がってきます。

決まって午後からで、夕方だとその群れの数は更に増えます。

おそらく夜の摂餌に向けて浅いところへ上がって来ているのだと思うんですが、日中の明るいときにはドロップオフのすごーい下のほうで活動します。普通のダイビングでは行けませんがきっと「ちょっと暗い」のがお好きな奴らなのでしょう。

WEBには最大70cmにもなる記録もあるようですが、ブルーコーナーに現れるのはせいぜい40cmくらいのサイズ。体側に7~8本の黒い横縞が入るので誰が見てもすぐに見分けられます。

あまり警戒心が強くないのでダイバーの近くを平気で通り、大きさもそこそこで群れだから迫力もあって、一応アジだから結構カッコ良かったりします。

でも、このクロヒラアジが棚上に上がってくるときは午後から夕方。遅くなればなるほど群れは大きくなる。

カッコよくていいじゃないと思うのですが、このクロヒラくん達はあまりゆっくり泳いてくれません。だから撮っているとシャッタースピードが追いつかずブレる写真を連発します。

ISOを上げればいいんですが、天の邪鬼な僕は無理にそのまま「流し撮り」をしてみます。たまに上手いこと行きます。でもこれって狙ってはいるけど確証はない「当てずっぽう」撮影です。(笑)

撮れれば嬉しいのですが、まあそう上手くいくものでもなく。もうちょっとくらいゆっくり泳いでくれてもいいじゃないか。と思うんです。

ちょっとくらいいいじゃないか、とちょっと暗いブルーコーナーでレギュ越しにブツクサ言うのでありました。

クロヒラアジの群れ
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/08/akino/6421/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


秋野
秋野 大

1970年10月22日生まれ
伊豆大島出身
ガイド会所属

パラオ在住23年。気がつけば現地在住の現役ガイドでは最古参。「データ」が大好物で、なんでもかんでもすぐに分析したがる「分析フェチ」。

だいたいの魚は好きなのだが、未だにブダイのことだけは苦手。とりわけ3cm以下の魚には激しい興奮を示し、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じるらしい。

洋酒より焼酎。肉より魚。果物と酸っぱいものは見て見ぬふりをする。最近甘党。人生ビール党。

ミクロネシア・パラオ
DayDream PALAU

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydreampalau.com

DayDream PALAU

バックナンバー

ちょっとくらい。 < パラオの海から < トップ