南国通信 - パラオの海からThe Diving Junky Magazine

パラオの春の風物詩

コメント »

パラオの春の風物詩であるイレズミフエダイの大産卵が今年もやってくる。

毎年3月から5月の新月前に巨大な群れを作る。

コロールからでも、クルーズでもアプローチできるが、早朝の産卵を見に行くにはやはりクルーズがおススメです。

龍馬なら快適にイレズミ見に行けますよー。と宣伝をしてしまった今月でした。

イレズミフエダイの群れ
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/02/akino/6107/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


秋野
秋野 大

1970年10月22日生まれ
伊豆大島出身
ガイド会所属

パラオ在住23年。気がつけば現地在住の現役ガイドでは最古参。「データ」が大好物で、なんでもかんでもすぐに分析したがる「分析フェチ」。

だいたいの魚は好きなのだが、未だにブダイのことだけは苦手。とりわけ3cm以下の魚には激しい興奮を示し、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じるらしい。

洋酒より焼酎。肉より魚。果物と酸っぱいものは見て見ぬふりをする。最近甘党。人生ビール党。

ミクロネシア・パラオ
DayDream PALAU

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydreampalau.com

DayDream PALAU

バックナンバー

パラオの春の風物詩 < パラオの海から < トップ