茜色の海

日が沈んだ後に港へ帰るボートから水面を撮った。

空が紫色に変わる前の数分間、茜色を映した海はなんとも言えない雰囲気になる。ずっと見ていると色を波に乗せてまるで幾何学模様アートのようにも思えてくる。海に出ていてもこの色はなかなか見られる機会は少ない。なぜなら、この色は本当に暗くなる直前にしかならないから。空の色が赤くなる天気も必要で、コンディションとタイミングが大事。僕はこれほどいい条件にあったのは今までで一度しかなかった。

そして話は変わるが、デイドリームはこの秋から新しいクルーズを就航する。ここ数年はカタマランヨットであるTIDA again を使って冬季限定のクルーズをしていた。僕らの中でその発展形がこのクルーズとなる。オーナー下田の構想は実に10年。長かった。これでパラオの南西諸島まで行けるようになる。

いままで難しかった場所へリーチしやすくなるのはもちろんだけど、これからはいつも海の上に居られるようになることが嬉しい。

いつかまたこんな海の色を見られるだろうかと、自然と期待をしてしまうのであった。

トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2010/09/akino/435/trackback
秋野
秋野 大

1970年10月22日生まれ
伊豆大島出身
ガイド会所属

パラオ在住23年。気がつけば現地在住の現役ガイドでは最古参。「データ」が大好物で、なんでもかんでもすぐに分析したがる「分析フェチ」。

だいたいの魚は好きなのだが、未だにブダイのことだけは苦手。とりわけ3cm以下の魚には激しい興奮を示し、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じるらしい。

洋酒より焼酎。肉より魚。果物と酸っぱいものは見て見ぬふりをする。最近甘党。人生ビール党。

ミクロネシア・パラオ
DayDream PALAU

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydreampalau.com

DayDream PALAU

バックナンバー
茜色の海 < パラオの海から < トップ