バックナンバー

  • 2017年12月:アオサハギの赤ちゃん

    先日の取材で撮影した。通称、たましぃ〜アオサハギの赤ちゃんだ。 5mm程かな。色々撮ったが、上手くいかない。 こいつはf9の写真。1番良かったのは、絞り込んだ写真で、図鑑にも使える… 続きを読む »


  • 2017年11月:可愛い卵

    山口県・柳井で撮影したカブトガニの卵。 撮影中に片方が孵化した。卵の中にいても可愛かったが、出てきたやつも可愛い。2個並んだ、使用前使用後の写真。 次回は、夜のおやすみ中とか、産卵… 続きを読む »


  • 2017年10月:おちょぼ口

    大瀬崎、ミナミハコフグの赤ちゃんかな、、 実はハコフグの赤ちゃんにも黄色いのいるんですよね。もう少し成長すると、両種の見分けはすごく難しくて、昔S先生と、本当に過去の同定が正しいか… 続きを読む »


  • 2017年9月:海のかたち

    福音館書店 たくさんのふしぎ10月号が出来上がりました。 「海のかたち 僕の見たプランクトン」という題です。山口県・青海島で見た漂う生き物たちの物語。ぜひ見てね。 その中から1枚。… 続きを読む »


  • 2017年8月:あ〜

    夏、やっぱ南の海の季節ですよね。 夏休みを取って、お気に入りの海を訪ねる人も多いでしょうね。 僕みたいに、いつが休みなのか分からない職業だと、夏に海に行くのは、逆に少ないかな。 現… 続きを読む »


  • 2017年7月:カリブ海のイソギンチャク

    あまり出番のないカリブ海の写真から1枚。 イソギンチャクです。 こいつ、派手でかっこいいのですが、だいたい岩の間とか、撮りにくいし、水抜きとかできないので、なかなかいいの撮れません… 続きを読む »


  • 2017年6月:飲み込む

    アミガサクラゲが、オビクラゲを飲み込む。 そもそもクシクラゲの仲間であるアミガサが、こんな風にアクティブに泳ぎ、獲物に喰らい付くなんて、見るまでは、想像さえしなかった。 人間の想像… 続きを読む »


  • 2017年5月:キアンコウの幼魚

    例年の青海島ブートキャンプに来ている。 今年はキアンコウが多いそうで、この日も大きさの違う子供3個体が都合よく登場した。 写真のは4cmほどだろうか、すでにヒレの糸が無いサイズで、… 続きを読む »


  • 2017年4月:南国の海

    こんな海に行きたくなる、今日この頃のオジサンです。 次、青海島取材なんですけど(笑)。 で、ZEROのドライスーツを直しに出しました。 元々ブカブカに作るのが、ZEROのいい所なん… 続きを読む »


  • 2017年3月:テングハコフグ

    フィリピン・アニラオで出会ったテングハコフグである。 日本で撮られた写真を1回だけ見たことがある。友人Mさんが大瀬崎の水深70mとかで撮影したものだ。 アニラオでは、毎年そこそこ出… 続きを読む »


  • 2017年2月:ハマクマノミ

    クマノミの中でも気が強い方なのが、ハマクマノミとクマノミだろうか。 トウアカもか、、外国行くともっと気が強い奴もいたような気がするが、やっぱ顔に出ていて、少し怒ったような、堂々とし… 続きを読む »


  • 2017年1月:ドーニ

    新年おめでとう〜ございます。 今年も、元気でやれれば最高ですね〜 今年の目標。元気にぼちぼち潜り、なんか1冊できるといいかな、、う〜ん、他に目標なし、、だな。 ま〜事故無く、普通に… 続きを読む »


  • 2016年12月:ザマミのポンタ

    みなさん〜お元気ですか〜〜 今年は温度変化が早過ぎて、おじさんはついて行けない〜 大昔の写真。ザマミのポンタ(サザナミフグ)です。 ストロボも使わずに、手抜きでカメラのボディーだけ… 続きを読む »


  • 2016年11月:エビのゾエア

    山口県青海島を取材中。 今年は、雨がおおいせいか透明度が悪いのにまいりますね〜ま〜こんなこともあるだろうけど、、 いつもよく登場する、エビのゾエアなのかな? ほぼエビの形だけど、異… 続きを読む »


  • 2016年10月:ハナキンチャクフグ

    人間、勘違いはよくあります。 柏島でのこと、お腹がパンパンのハナキンチャクフグのカップルを見つけました。なんか一生懸命オスがちょっかいを出してます。 はよ産もうよ〜って感じです。で… 続きを読む »


  • 2016年9月:ギンガメアジ

    真夏、皆さんどう過ごされたでしょう〜 我が家は、けっこう打ち合わせ多かったです。後半は、暑さに負けて高原に避難?しました。 9月に入ると、海水浴の人もいないですから、ダイバーの季節… 続きを読む »


  • 2016年8月:ハナミノカサゴ

    いよいよ夏ですね〜そんな中、デスクトップにかじりついている僕です。 キャンピングカーで出るのには、暑くて1番辛い季節だし、現地も混雑していて、駐車場に止めるのもはばかられる。でかい… 続きを読む »


  • 2016年7月:ツクシトビウオ

    浮遊系狙いにしては、遅い時期の青海島に来ている。腰痛のため出遅れたのだ。 それでも、流れ藻の季節の名物? トビウオの子達に会えた。 写真は、ツクシトビウオだが、少なくとも1種は違う… 続きを読む »


  • 2016年6月:ハナミノカサゴ

    ハナミノカサゴの写真です。擬態にみえませんか? 時々、黒っぽいハナミノがいますが、カラーバリエーションと言われていますが、なぜだかは不明です。目の前でこのくらい色を変える魚は沢山い… 続きを読む »


  • 2016年5月:旅する海のノミ

    5月ですね〜。 ここ数年、この時期は山口県 青海島で過ごしていましたが、腰痛のため脱落しました。 これは、去年の青海島で撮影したもの。 アカクラゲに乗る、オオトガリズキンウミノミと… 続きを読む »


※ 2010年1月以前の記事は、こちらをご覧ください。

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内

今月の一枚 < トップ