海のかたち ぼくの見たプランクトン

コメント »

あらゆるふしぎを小学生向きにお届けする科学雑誌「たくさんのふしぎ」の2017年10月号です。

海の水しかないように見えるところにも、実はたくさんの生きものがいます。プランクトンと呼ばれる、ただよって暮らす生きものたちです。

体が透明だったり、変わった形をしていたりと、その姿はまるで宇宙からやってきた未知の生命体のようにユニークです。

陸上の世界とは違う海の中で、いったいどんな生きものに出会えるのでしょうか。

肉眼では見つけにくい、漂う生きものたちが、ページいっぱいにやってきます。

月刊たくさんのふしぎ2017年10月号「海のかたち ぼくの見たプランクトン」

福音館書店
B5判/本文40ページ(ふしぎ新聞付き)
定価720円(税込)

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2017/09/yusuke/books/5025/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

バックナンバー
海のかたち ぼくの見たプランクトン < ゆうすけ書店 豪海堂 < トップ