チゴガニ

いよいよ春、桜さくの季節ですね。ここ数年の僕は、春と言えば青海島。

冬の間のデスクワーク漬けがたたり、青海に辿り着く頃には、ブランクダイバーで、疲れるは、泳げないは、の繰り返し。

今年こそはという思いだったが、正月を最後に潜ってないので、すでに2ヶ月あまり、また同じてつを踏んでしまった〜〜

ま〜のんびり出直そう〜。春から夏、いろんな動物が隠れていた巣から姿をあらわし、行動的になるので面白い季節だ。植物も動物も、それを見ている僕らももろに影響を受けるわけだよね。

僕の住む東京の近くの海辺、三浦半島の残された小さな干潟でも、いろんな動物が動き出す。茶色の泥の上の、クリスタルブルーがとてもよく目立つ。

こんなに目立っていいのかな?なんてかんじもするけど、彼らなりの理由があるのだろう。今年も彼らの元気な姿が見れるとうれしいな。

桜はもちろん美しいけれど、桜みたいなものは、沢山あるのが春だよね。

わずか数センチだけど、かわいいチゴガニ君です。

チゴガニ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2016/04/yusuke/ichimai/4259/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
チゴガニ < 今月の一枚 < トップ