水中の世界をのぞく

6月に出す本の始まりに書いた文

おおまかにいえば、地球には2つの世界があるのだと思う。陸と海だ。水中の世界をのぞくには、水中マスクをつけて水面に浮かぶだけでいい。

海の不思議な生き物といえば深海生物が有名だ。だけど浅い海でも、おどろくほど面白い生き物を見ることができる。

この本は、僕のようなふつうの人間が、容易とはいえない場合もあるけど、少しの幸運で出会えた友人達を紹介したものです。

今度の6月に出す本の始まりに書いた文です。

ここ2年、深海生物の撮影にはまりながら書いたから、ちゃっと矛盾してるが、この気持ちも本気だ。水深5mまでで、ほんと十分すごい世界だから…。

もっとも僕が撮影してる深海系も水面直下で撮影してるわけだからいいのか。

ま、みなさん暇あれば見てね!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/05/yusuke/ichimai/2912/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
水中の世界をのぞく < 今月の一枚 < トップ