一生懸命な感じ

別に珍しいとか、すごいとかいうスターな生物じゃなくても、ダイバーに人気がある、そこらにいるけど、よく見ればすごい可愛いとか、すごい変だとか、よく考えるとすごいとかいう生物は、海の中には沢山いるよーという本を作っている。6月には本屋に並ぶ予定だ。

その中にはダイバーが写ってるこのような写真が2枚使われた。ダイバーが写っていると、なんかいきなりレジャーっぽくてダメと言われることが多かったけど、こういう写真をダイバーじゃない人に見せるとどんな感じで僕らが、遊んでいるかわかるので、それはそれで楽しいとおもうのだ。頭から決めつけなくてもいいじゃんね。

写真は水納島で、高野ハジメが、お客さんにナカモトイロワケハゼをガイドしている所だ。

もう少し近づけと、ハジメがお客さんを押している。少しでも気に入った写真を撮ってもらいたいガイドさんと、一生懸命な撮影者の感じが少しは出ているかな。

お客さんのスレーブがちと強すぎた所が失敗かな。

お客さんには、連絡を取ってもらっている。記念に本をあげたいので、この人を知ってる人、または本人は連絡くださ=い! 僕の所でもファイブオーシャンでもいいです。

ナカモトイロワケハゼを撮影中のゲストと高野ハジメ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/04/yusuke/ichimai/2842/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
一生懸命な感じ < 今月の一枚 < トップ