ホンフサアンコウ

今琵琶湖の畔にいる。琵琶湖に潜るわけではなくて、単なる野暮用だけど。

さて2月には、ショッキングなニュースが、大瀬崎であった。なんと、チョウチンアンコウが登場したのだ。

昔わがゴウカイの仲間の鉄ちゃんの三保に登場したことがあり、そんなこともあるのだと、びっくりしたものだが、再びである。

まー僕は見たわけではないが、友人の写真をみせてもらった。

大瀬崎では、毎年5月ごろに、深いところの水が水面にあがってくるので、クラゲに混じってアンコウの幼魚が見られる。

何かその様な、水の動きなので、スノーケリングで沖を流していた人が、見つけてきたそうである。

ごくろうさん!

そして、ありがとう!って人が沢山いるようだ。

寒い時期って、夏より魚は少ないけど、こういう大事件が起こるのは、冬が多いよねー

マー真面目に、海に通ってる人への、ボーナスかね。

俺は実社会でも、海でもボーナスなしかーー!残念

ショウガナイノデ、ホンフサアンコウだーー!

確か冬の海洋公園で、45m、友人の修ちゃんが教えてくれたおかげで、撮れた1枚です。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/03/yusuke/ichimai/1368/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
ホンフサアンコウ < 今月の一枚 < トップ