コバンハゼ

いや〜〜大変失礼しました。

1ヶ月あまりの四国、柏島ツアーからの帰りにメール送ったつもりが、しかも移動中、メールチェックしなかったので、締め切り遅れ、アホ。

東京の仕事を終えて、どっか行きたくて、選んだのが四国、柏島。

アクアスのまっちゃん所に電話すると、案の定連休は満員とのことで途中寄り道して、時間調整することになる。

いろいろよりながら、琵琶湖にとうりがかった所で、肇ちゃんのうちを襲うことに。日本のチベットのような写真を前に見せられていたし〜。

岡崎のキャンピングカー屋さん、姫路城、高知の朝市経由で、2回目の柏島に到着。漁協の横へ駐車。

今日から柏島、漁協横2番地がしばらくの我が家である。

すでに2日で、原稿おくれなので、道中省略だ。

今年の高水温のおかげで、サンゴやイソギンチャクが白化した所も多いだろう。

そんなときだけ訪れるチャンスな写真。誰もが好きな、特に女の子受けするピンク、エロオヤジの好きなピンクとは違うけど、クマノミ。

柏島って本当にいいとこだけど、なかなか新しい種に出会えない、今日この頃の僕は、いよいよ1番撮ってないハゼの撮影でもするか〜みたいな気分になってきた。

なんせ、まわりのアマチュアの人もハゼにはやたら詳しい人が多く、なになにのSp何番とか、わめいているのに、どれだかわからない僕。

矢野図鑑が売れるわけだ。

少し勉強しようかね〜と、アクアスの新人スーパーガイドのタクちゃんに教えてもらったのが、これ! セアカコバンハゼ。

うーーかわゆい・・・。

コバンハゼとかダルマハゼとかって、いるのはわかるけど超撮りにくいし、昔矢野が一生懸命時間かけてるのみてて、めんどいと思ってたので、やる気なかったけど、意外に柏島では、撮りやすい。

なぜかっていうと、サンゴが多少違うんです。波あたりの強い場所では、同じサンゴでも枝が高く伸びない感じで、彼らの全身を枝に邪魔されずに撮影しやすいのだ。と勝手に解釈して、コバンハゼにはまってみた。

これはアイコバンハゼ。

矢野図鑑にも半身、顔しか出ていない。撮影されたのも柏島。沖縄には少ないのかね。貴重品に違いないと、粘ってみました。

うねりが多くて、岩につかまる片手が死にました。おやじの限界です。

イレズミコバンハゼ。

数えてみたら、コバンハゼの仲間10種も撮ってました。小判ざくざく、残りは来月にしよう、その他のハゼも真面目にやってみました。

それにしても、僕のせいで豪快遅れました〜〜

僕より忙しいみんなが、きっと頑張って締め切り守ってんのにーー

みんな、許してくれるかな〜〜

アルツゆうすけより・・・

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/11/yusuke/ichimai/69/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
コバンハゼ < 今月の一枚 < トップ