ガイドのつぶやき - 伊豆諸島・八丈島からThe Diving Junky Magazine

ウミウシは続くよ、どこまでも

コメント »

コンデジ片手に海へ行く日が続くと、重たい一眼レフを持つ気になれなくなってきた。

八丈島は、エントリー口までテクテク歩く底土とか、意外と坂道のキツイ八重根とか、出入りがタイヘンなナズマドとか、一眼レフを持っているダイバーにとって辛いポイントが多いなあと改めて思う。

少し前までは、一眼レフでないと、ちゃんとした写真は撮れないと思っていた。

でも今は違う。ウミウシのように、あまり動かない被写体であれば、コンデジでも素晴らしい写真が撮れる。いやむしろ、コンデジの方が良いかも知れない。

ただ、魚のように動く被写体は、まだまだ一眼レフでないとちゃんと撮れないかなぁ。

改訂版ウミウシ作製の作業も終わったことだし、そろそろ一眼レフ持って魚でも撮りに行こうかなぁ。

と言いつつ、今回もウミウシです。(笑)

実は、一眼レフのハウジングが修理中なんだよね。どこまでウミウシが続くか楽しみにしていてください。

コンデジでも顔だけピントがビシッと、後方がフワッとボケっとした写真が撮れるんですよね。

凄いぞコンデジ!ってホムラユビウミウシくん、キミって目があったのね。

ホムラユビウミウシ
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/04/regulus/kato/6213/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


加藤
加藤 昌一

横浜出身、獅子座
昭和30年代生まれ、気分は昭和50年代

1992年にレグルスダイビングを設立する。フィッシュウオッチングの草分け的存在。

飽くことなく潜り続け、水中生物は分け隔てなく撮り集めているため、膨大なフォト・ストックを有する。

ガイド業も第一線で活躍しているが、写真家としても注目され、「エビ・カニガイドブック」「ウミウシ 生きている海の妖精」「スズメダイ」「海水魚」を出版する他、さまざまな水中写真を図鑑や雑誌に多数提供している。

水中生物だけではなく、陸の生き物も大好き。特に爬虫類が大好き。

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー

ウミウシは続くよ、どこまでも < 伊豆諸島・八丈島から < トップ