今月の一枚The Diving Junky Magazine

擬態

擬態、、生きもの凄さはいろいろあるのだろうけど、僕らに、視覚的に1番わかりやすい凄さだと思う。

色彩や模様は、あまりにもいろいろな理由というかわけもありそうだが、小エビ類の色模様は、単純に擬態って凄いって思わせてくれる。

ま〜よく棲み場所に似てるものが、できあがるものだ。棲家が決まってるものも多いしね。

そういうわけで、ガイドさんにとっては、いつでもいてくれるありがたい友人だろうね。40年近く潜ってるけど、今でも新しい奴を教わると、、、エビに詳しく無いせいもあるが、ひえ〜〜すげ〜って感動するもんね。

こいつは、柏島で教わった奴。名前は忘れたが、、あんたもやるね〜〜って感じの、芸術品ですね〜

擬態
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2016/02/yusuke/ichimai/4161/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー

もっと見る »


擬態 < 今月の一枚 < トップ