今月の一枚The Diving Junky Magazine

アニラオ

久方ぶりにフィリピンに来た。アニラオの第三回フォトコンテストの審査のためだ。

来るときも感じたけど、陸の途中は、けっこうきりたった感じで、なんとなく伊豆の大瀬崎に似ている。

で、今日潜ったのは、砂地で少し斜めに落ち込んでいく所。

所々に小さな岩があり、フィリピンらしく刺胞動物がカラフルについている。ますます大瀬崎の内湾に似ている。

写真好きの人達が、安心して撮影が出来る感じ。

70分ほどのダイビング、少し冬に近づいてる感じだが、そんなに寒くはない。

アニラオは1年中、海は荒れないで潜れるとのこと、そんなわけで、写真派が集まるのだろうね。

アオウミガメ

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
関連キーワード

BabyOリングPOL-058PT-059RXはえものアオサハギアオリイカアカオビハナダイアカカマスアカグツアカゲカムリアカボシウミウシアケボノハゼアザハタアデイトベラアミメハギイサキイソギンチャクイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダイボヤギミノウミウシイルカイレズミフエダイウミウウミウシウミカラマツウミヒルモオオミナベトサカオオメカマスオキノスジエビオパールミノウミウシオヨギベニハゼオルトマンワラエビカイメンカジメカマスカンザシスズメダイカンパチカンムリブダイカンムリベラガイコツパンダホヤガラスハゼキイボキヌハダウミウシキザクラハゼキシマハナダイキジハタキツネベラキリンゴンべキリンミノキンギョハナダイギンガメアジクロキンチャクダイクロホシイシモチグルクングレイリーフシャークゲッコウスズメダイコバンザメゴシキエビゴマフビロードウミウシゴンズイサクラダイサビハゼサンゴザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニシロアザミヤギジンベエザメスジキツネベラスジハナダイスベスベマンジュウガニセダカギンポセトリュウグウウミウシセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノソメワケヤッコソラスズメダイタカサゴタカベタコベラタテジマキンチャクダイタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチュウコシオリエビチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトゲトサカトビヌメリナガレヒキガエルナノハナスズメダイナンヨウイボヤギナンヨウツバメウオニシキウミウシニシキオオメワラスボニシキフウライウオニシキヤッコニジギンポニセハクセンミノウミウシニホンイモリハタタテハゼハチジョウタツハマグリハマチヒレナガネジリンボウビゼンクラゲフィリピンクロミスフトスジイレズミハゼフリソデエビブラックフィンバラクーダブリベニウミトサカベニゴマリュウグウウミウシホホスジタルミホムラチュウコシオリエビホヤホンダワラマダイマダラタルミマダラハナダイマニュアルモードマメダワラマンタマンボウミジンベニハゼミゾレウミウシムレハタタテダイメガネゴンベメギスSPモンガラカワハギモンツキカエルウオヤイトハタヤセアマダイユリタツノコリュウキュウキッカサンゴロウソクギンポワクロ円周魚眼卵保育台風季節来遊魚対角魚眼幼魚渦巻き状灯台生態行動産卵白化軽石魚眼レンズ

アニラオ < 今月の一枚 < トップ