今月の一枚The Diving Junky Magazine

ビビッドな色

写真コンテストの審査員をしに、フィリピンに行くことになった。

考えてみれば、20年とか行ってないかもなのだ。

フィリピンと言えば、やはり生物の豊富さが、1番最初に頭に浮かぶ海だ。

同じ生物でも、南の海の派手なビビッドな色が目に付く。

黒潮の影響で、日本に流されてくる魚も多く、日本と共通する魚も多い。

やっぱ、派手目な生きものを撮影してこよう〜

写真は、フィリピンで撮影したウミトサカ、日本にはない色のように思えるのだ。

地球2/3海より、、もう絶版になってしまった本だが、amazonで検索してみたら、中古とかあるんだね。

ウミトサカ
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2015/10/yusuke/ichimai/4036/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー

ビビッドな色 < 今月の一枚 < トップ