今月の一枚The Diving Junky Magazine

世界でいちばんダイエットの必要なカワハギ

先日の柏島で、出会ったカワハギの雌。いまにも産卵しそうだ。

その日、けっこう流れがきつかったからだろうか、この雌、ブイのロープの陰に、水流を避けるように、隠れていた。

お〜これは撮りやすい〜と近づくと、遠くから1尾の雄カワハギが、やば〜俺の雌とられる〜って感じで、慌てて近づいて来た。

オイオイ、いくらなんでも俺とカワハギの見分けぐらいつけろやって思った。案の定、雄カワハギはすぐに離れて、また餌をついばんでいた。

ま、そんだけ冷静でいられないわけね、、

初夏というのだろうか、夏前の時期、いろいろな魚の行動が面白い時期である。

写真は、僕も参加した、柏島アクアスの臨時フォトバトル「ゆうすけカップ」に参戦するので、お題の一つ、世界でいちばん◎◎のために撮影したのだが、もうひとつのお題、かわいいを撮り忘れて、可愛い〜に出した写真。

見方によっては、可愛いけど、、、ま、ここまで腹のでかいカワハギ撮ったことなかったから、ヨシとしよう。

世界でいちばんダイエットの必要なカワハギ

" 世界でいちばんダイエットの必要なカワハギ " へのコメント

  1. 中村和子: 2015年7月1日 8:14 AM

    一瞬フグと見間違えました。
    目と口元が愛嬌があり可愛いですね。

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
関連キーワード

BabyOリングPOL-058PT-059RXはえものアオサハギアオリイカアカオビハナダイアカカマスアカグツアカゲカムリアカボシウミウシアケボノハゼアザハタアデイトベラアミメハギイサキイソギンチャクイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダイボヤギミノウミウシイルカイレズミフエダイウチワザメウミウウミウシウミカラマツウミヒルモオオミナベトサカオオメカマスオキノスジエビオパールミノウミウシオヨギベニハゼオルトマンワラエビカイメンカジメカマスカンザシスズメダイカンパチカンムリブダイカンムリベラガイコツパンダホヤガラスハゼキイボキヌハダウミウシキザクラハゼキシマハナダイキジハタキツネベラキリンゴンべキリンミノキンギョハナダイギンガメアジクマドリカエルアンコウクロキンチャクダイクロホシイシモチグルクングレイリーフシャークゲッコウスズメダイコバンザメゴシキエビゴマフビロードウミウシゴンズイサクラダイサビハゼサンゴザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニシロアザミヤギジンベエザメスジキツネベラスジハナダイスベスベマンジュウガニセダカギンポセトリュウグウウミウシセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノソメワケヤッコソラスズメダイタカサゴタカベタコベラタテジマキンチャクダイタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチュウコシオリエビチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトゲトサカトビヌメリナガレヒキガエルナノハナスズメダイナンヨウイボヤギナンヨウツバメウオニシキウミウシニシキオオメワラスボニシキフウライウオニシキヤッコニジギンポニセハクセンミノウミウシニホンイモリハタタテハゼハチジョウタツハマグリハマチヒレナガネジリンボウビゼンクラゲフィリピンクロミスフトスジイレズミハゼフリソデエビブラックフィンバラクーダブリベニウミトサカベニゴマリュウグウウミウシホホスジタルミホムラチュウコシオリエビホヤホンダワラマダイマダコマダラタルミマダラハナダイマニュアルモードマメダワラマンタマンボウミジンベニハゼミゾレウミウシムレハタタテダイメガネゴンベメギスSPモンガラカワハギモンツキカエルウオヤイトハタヤセアマダイユリタツノコリュウキュウキッカサンゴロウソクギンポワクロ円周魚眼卵保育台風季節来遊魚対角魚眼幼魚渦巻き状灯台生態行動産卵白化軽石魚眼レンズ

世界でいちばんダイエットの必要なカワハギ < 今月の一枚 < トップ