今月の一枚The Diving Junky Magazine

キアンコウの幼魚

4月に青海島に来てから、すでに40日。いまだ敵艦みえず、、

今年は意外な程、浮遊系がで無い。海底もかなり寂しいままでほとんど撮影ができないままだ。それが自然とはいえ、、

ブートキャンプと呼ぶ程、けっこうハードだったけど、今年は水面下を泳いでいるだけだから、例年なら5Kg痩せるのだが、今は普通の体重、1gも痩せず。腹出たまま、、

写真は、40日で2回撮影した、キアンコウの幼魚。少しイメージ写真で、他のダイバーの泡が背景だ。

距離によっては、はっきり写ってしまうけど、ま〜こうならないかな程度の希望でシャッターを押す。

今年は撮るものが無くて、1回の撮影で,沢山撮るので、あれやこれや、楽しむしか無いな〜〜

そんな沢山でなくても、1ダイブで数種類の被写体が出ればヒマじゃなくて、楽しいのだけど、、待ち続けるのも飽きたな〜

キアンコウの幼魚
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2015/06/yusuke/ichimai/3910/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー

キアンコウの幼魚 < 今月の一枚 < トップ