今月の一枚The Diving Junky Magazine

オキナワハゼ属の1種

石垣島・ダイブマンの内田君のガイドで撮影した、オキナワハゼ属の1種。もう名前がついたのだろうか?

アミカミーズゴビーと英名で呼んでる人も多かったが、だいたい石の下なんかに暮らす奴で、胸びれを足のように使って、海底を這うように移動する。けっこう、この仲間は沢山いるし、なかなか魅力的な仲間だ。

いつか沖縄島のタイドプールの水深10cmぐらいの所を、夕方歩き回るオキナワハゼの仲間と出会ったことがあり、その時は夕日の撮影に行っていたので、明くる日もう1回撮影に行ったのだが、昨日は何匹も出歩いていたのにぜんぜん見つけられなかった。

この仲間、そんなに広い範囲を歩き回ることはないと想像するが、一体あの日は、なんであんな数が、堂々とで歩いていたのだろう?

何回か挑戦したが、まるっきりダメで、幻のハゼになってしまった。

理由は何かあるのか? 特別な日なら、あるのかも知れない。今度沖縄を訪ねたら、夕方浅い所を歩いてみよう。

自然のことで、わかっていることは、ほんの少しだ。

オキナワハゼ属の1種

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
関連キーワード

はえものアオサハギアオリイカアカオビハナダイアカカマスアカグツアカゲカムリアカボシウミウシアケボノハゼアザハタアデイトベラアミメハギイサキイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダイボヤギミノウミウシイルカイレズミフエダイウミウウミウシウミカラマツウミヒルモオオミナベトサカオオメカマスオキノスジエビオパールミノウミウシオヨギベニハゼオルトマンワラエビカイメンカジメカマスカンザシスズメダイカンムリブダイガイコツパンダホヤガラスハゼキイボキヌハダウミウシキザクラハゼキシマハナダイキリンゴンべキリンミノキンギョハナダイギンガメアジクロキンチャクダイクロホシイシモチグルクングレイリーフシャークゲッコウスズメダイコバンザメゴシキエビゴマフビロードウミウシゴンズイサクラダイサンゴザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニシロアザミヤギスジキツネベラスジハナダイスベスベマンジュウガニセダカギンポセトリュウグウウミウシセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノソメワケヤッコソラスズメダイタカサゴタカベタコベラタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチュウコシオリエビチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトゲトサカトビヌメリナンヨウイボヤギニシキウミウシニシキオオメワラスボニシキフウライウオニシキヤッコニジギンポニセハクセンミノウミウシニホンイモリハタタテハゼハチジョウタツハマチヒレナガネジリンボウフトスジイレズミハゼフリソデエビブラックフィンバラクーダブリベニウミトサカベニゴマリュウグウウミウシホホスジタルミホムラチュウコシオリエビホヤホンダワラマダラタルミマダラハナダイマメダワラマンタマンボウミジンベニハゼミゾレウミウシメガネゴンベメギスSPモンガラカワハギモンツキカエルウオヤイトハタヤセアマダイユリタツノコロウソクギンポワクロ円周魚眼卵保育対角魚眼幼魚生態行動産卵白化軽石魚眼レンズ

オキナワハゼ属の1種 < 今月の一枚 < トップ