今月の一枚The Diving Junky Magazine

ニジギンポの稚魚

新年あけましておめでとうございます。

去年も無事生き抜けました〜。

今年は新写真集も発売。

隅から隅まで、自分好みの本に仕上がりましたので、世間では、受けないでしょうが〜本人としては大満足の自信作。自画自賛、絶対楽しめる、1つの世界ができたと思うので、ぜひ買ってください。

日々、流れる大量の画像と情報だけで、十分楽しめる時代ですが、大画面で、何か1つの世界を感じてもらえるかも知れない、1点で止まった、本という世界もぜひ楽しんでください。多少高いのが難点ですが、印刷もスキャンも画像処理も、すべて丁寧な仕事ができました。A4の横240Pぐらいになるのかな、写真の部分は222ありますので。

今年は、何年も止まってしまっている、幼魚図鑑も進むようで、もう1つ大きな仕事があります。

さて、写真ですが、ニジギンポの浮遊期の稚魚です。1.5cmくらいかな。さらに小さいのもいて、楽しませてくれました。山口県 青海島です。

本来、背景を入れて、広く撮影しているのですが、ネット上だと700ピクセルぐらいにするので、トリミングしました。

両方出しときます。小さな世界で見ていると、写真はどんどんアップにされて、印象の強い写真ばかりになりやすい。少し単純すぎて、面白くないな〜というのが個人的感想なのです。

さて、どちらがよいのでしょうね〜?

ニジギンポの浮遊期の稚魚
ニジギンポの浮遊期の稚魚

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
関連キーワード

BabyOリングPOL-058PT-059RXWWL-1はえものアオサハギアオリイカアカオビハナダイアカカマスアカグツアカゲカムリアカボシウミウシアケボノハゼアザハタアデイトベラアミメハギイサキイソギンチャクイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダイボヤギミノウミウシイルカイレズミフエダイウチワザメウデフリツノザヤウミウシウミウウミウシウミカラマツウミヒルモオオミナベトサカオオメカマスオキノスジエビオニヒラアジオパールミノウミウシオヨギベニハゼオルトマンワラエビカイメンカジメカマスカンザシスズメダイカンパチカンムリブダイカンムリベラガイコツパンダホヤガラスハゼキイボキヌハダウミウシキザクラハゼキシマハナダイキジハタキツネベラキハッソクキリンゴンべキリンミノキンギョハナダイギンガメアジクマドリカエルアンコウクロキンチャクダイクロホシイシモチグルクングレイリーフシャークゲッコウスズメダイコバンザメゴシキエビゴマフビロードウミウシゴンズイサクラダイサビハゼサンゴザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニシロアザミヤギジンベエザメスケロクウミタケハゼスジキツネベラスジハナダイスベスベマンジュウガニセダカギンポセトリュウグウウミウシセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノソメワケヤッコソラスズメダイタカサゴタカベタコベラタテジマキンチャクダイタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチュウコシオリエビチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトゲトサカトビヌメリナガレヒキガエルナノハナスズメダイナンヨウイボヤギナンヨウツバメウオニシキウミウシニシキオオメワラスボニシキフウライウオニシキヤッコニジギンポニセハクセンミノウミウシニホンイモリハタタテハゼハチジョウタツハマグリハマチヒレナガネジリンボウビゼンクラゲフィリピンクロミスフタスジリュウキュウスズメダイフトスジイレズミハゼフリソデエビブラックフィンバラクーダブリベニウミトサカベニゴマリュウグウウミウシホホスジタルミホムラチュウコシオリエビホヤホンダワラマダイマダコマダラタルミマダラハナダイマニュアルモードマメダワラマンタマンボウミジンベニハゼミゾレウミウシミノカサゴムレハタタテダイメガネゴンベメギスSPモンガラカワハギモンツキカエルウオヤイトハタヤセアマダイユリタツノコリュウキュウキッカサンゴロウソクギンポワクロ一期一会円周魚眼卵保育台風季節来遊魚対角魚眼幼魚渦巻き状灯台生態行動産卵白化軽石魚眼レンズ

ニジギンポの稚魚 < 今月の一枚 < トップ