今月の一枚The Diving Junky Magazine

ネコザメの赤ちゃん

暑い〜中で部屋に籠って本を作っていると、カメラマンとして、これでいいのだろうか?という疑問が湧いてくる。

どうも自分の作る本に、時間を使いすぎる傾向にあるのだけど、文も求められるし、構成とかも全部自分で作り、その上で編集の人に修正を加えてもらう。納得の行く修正をされれば、こちらはこちらでまた、あらたな展開とかも必要になったりする。

作ったり、壊したりなわけだが、う〜ん撮影不足な気もする今日この頃。

それでも、編集者、デザイナーの方と、上を言えばきりがないけど、手持ちの写真と物語をそれなりに作れれば、それはそれで幸せだ。写真だけでなくて深く関わるからこそ得られる嬉しさもある。

福音館書店で作ってもらったサメの本。自分とサメの関わりかな。楽しい想い出を振り返りながら、楽しませてもらった。

次にサメにあったら、どう撮るかな〜

写真は、卵から孵化して旅立つ、ネコザメの赤ちゃん。

大島での出会いである。

ネコザメの赤ちゃん
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2014/08/yusuke/ichimai/3554/trackback

" ネコザメの赤ちゃん " へのコメント

  1. akemi: 2014年8月19日 8:27 PM
    avatar

    雄輔さん

    ご無沙汰してます。
    大島の写真につられて出てきました。
    ネコザメのハッチ素敵ですね。
    傍らにGさんの気配を感じるのは、私の気のせい???
    愛車では来られない海だけど、また来てね。

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー

ネコザメの赤ちゃん < 今月の一枚 < トップ