今月の一枚The Diving Junky Magazine

シコンハタタテハゼ

シコンハタタテハゼ

サイパンで、撮影したと思う。シコンハタタテハゼ。

このあと、実は初めて、こいつの子供を発見。2cmぐらいのやつで、うわ〜^ぅてなり、ある程度深いので、1発勝負と決めて、ゆるりと近づく、、

ほぼ、完全に寄れて、いざ撮ろうとした瞬間に、右からハタが近づき、、あわれ、、1発も撃てず。

空気とコンピューターと、にらめっこしながら待つも、、聞こえるのは、、シーンという雰囲気の音と自分の排気の音だけであった。

せめてハタを、殴ってやろうと試みるも、今までむかついた魚を、殴れたためしがない、、

ま=当然ですが、、、

こういうシーンって、時々あるよな〜

ガイドさんが、何か持って来て、これ撮れば〜と適当な所に置いたときの天敵は、ベラだろう。

あの、めざとさ、、、真似られれば、出世間違いなし。

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
関連キーワード

はえものアオサハギアオリイカアカオビハナダイアカカマスアカグツアカゲカムリアカボシウミウシアケボノハゼアザハタアデイトベラアミメハギイサキイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダイボヤギミノウミウシイルカイレズミフエダイウミウウミウシウミカラマツウミヒルモオオミナベトサカオオメカマスオキノスジエビオパールミノウミウシオヨギベニハゼオルトマンワラエビカイメンカジメカマスカンザシスズメダイカンムリブダイガイコツパンダホヤガラスハゼキイボキヌハダウミウシキザクラハゼキシマハナダイキリンゴンべキリンミノキンギョハナダイギンガメアジクロキンチャクダイクロホシイシモチグルクングレイリーフシャークゲッコウスズメダイコバンザメゴシキエビゴマフビロードウミウシゴンズイサクラダイサンゴザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニシロアザミヤギスジキツネベラスジハナダイスベスベマンジュウガニセダカギンポセトリュウグウウミウシセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノソメワケヤッコソラスズメダイタカサゴタカベタコベラタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチュウコシオリエビチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトゲトサカトビヌメリナンヨウイボヤギニシキウミウシニシキオオメワラスボニシキフウライウオニシキヤッコニジギンポニセハクセンミノウミウシニホンイモリハタタテハゼハチジョウタツハマチヒレナガネジリンボウフトスジイレズミハゼフリソデエビブラックフィンバラクーダブリベニウミトサカベニゴマリュウグウウミウシホホスジタルミホムラチュウコシオリエビホヤホンダワラマダラタルミマダラハナダイマメダワラマンタマンボウミジンベニハゼミゾレウミウシメガネゴンベメギスSPモンガラカワハギモンツキカエルウオヤイトハタヤセアマダイユリタツノコロウソクギンポワクロ円周魚眼卵保育対角魚眼幼魚生態行動産卵白化軽石魚眼レンズ

シコンハタタテハゼ < 今月の一枚 < トップ