ガイドのつぶやき - 沖縄・久米島からThe Diving Junky Magazine

台風シーズン

コメント »

こんにちは! 久米島のエスティバンよりモエコです!

6月にはもうすぐ梅雨明けかなと言っておりましたが、その後は梅雨らしく降る日が多く、結局7月頭まで梅雨という長梅雨となりました。

梅雨明けして以降は全く降らず、夏全開でお客様をご案内することが出来、人気ポイント「トンバラ」にもたくさん通うことが出来ました。

トンバラのイソマグロ

透明度もグンっとあがり、50mオーバーの日もありました。

そんな日に見るイソマグロの群れは、格段にカッコいいです。トンバラは地形も豪快なので、生き物と地形を合わせて撮ると迫力満点です。

しかし、透明度に合わせるように水温もあがり、高い所だと30℃近くになってるところもありました。

白化を始めているサンゴもちらほら見えて、今後の夏が不安です。

白化したサンゴとメガネゴンべ

そして水温が上がってきた浅場(棚上)には、彼らの産卵床も現れ始めます。

ゴマモンガラの卵

早朝に産卵をして、その日の日没に卵を孵化させるゴマモンガラ。

この時期は彼らも自分の卵を守るために、すごく攻撃的になります。テリトリー内に入ったものを執拗に追いかけてきます。

今の時期、この顔を見たらご注意ください。

ヤマブキスズメダイの幼魚
ヒオドシベラの幼魚

浅場は水温が高いですが、深場はまだひんやりとしながらも、幼魚は日に日に増えてきてます。

まだ透けている所もあるヤマブキスズメダイの幼魚や、大人気のヒオドシベラの幼魚たちが住み始め、今後、深場の水温も上がったらより賑やかになるのでこれからが楽しみです。

7月の海の日連休は台風で全日クローズとなってしまいました。

多くの方にご予約いただいていたにもかかわらず、皆様にお会いできず非常に残念です。

これからの夏、台風がいつ来るのか毎日天気図とにらめっこな日々ですが、皆様に夏の久米島の海をご案内出来る日を楽しみにお待ちしております。

関連キーワード:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


西脇 萌衣子
西脇 萌衣子
(にしわき・もえこ)

1996年1月1日生まれ
愛媛県松山市出身

幼少期より水泳をしていたためか水の中が好きで、大学進学で上京した際に水を求めダイビングに出会う。

大学在学時は毎週末のように海へ行き、すっかり海の世界の虜に。

Black Water DiveやWhale Watching など様々なことに取り組むエスティバンに興味を持ち、訪れたことのない沖縄・久米島へ移住を決める。

何度潜っても驚きや感動のある久米島の海を日々勉強中です!

沖縄・久米島 エリア情報

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
関連キーワード

アオサハギアカグツイサキイソバナイソマグロイトヒキハゼイトヒキベライナダウミウウミヒルモオオメカマスオキノスジエビオルトマンワラエビカジメカマスガラスハゼキザクラハゼキンギョハナダイギンガメアジグルクンコバンザメサクラダイザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニスジキツネベラスジハナダイセダカギンポセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノタカサゴタカベタコベラタテジマヤッコタテスジハタタマギンポダテハゼダンゴウオチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトビヌメリニシキオオメワラスボニシキヤッコニジギンポニホンイモリハチジョウタツハマチブラックフィンバラクーダブリベニゴマリュウグウウミウシホヤホンダワラマメダワラミジンベニハゼモンガラカワハギモンツキカエルウオユリタツノコロウソクギンポワクロ幼魚産卵白化

台風シーズン < 沖縄・久米島から < トップ