夏と秋の入り混じる海=秋の海

コメント »

こんにちは、葉山のダイビングショップNANA・佐藤輝です。

すっかり寒くなってきました。朝はジャンパーを着てタンクの準備をするようになってしまいました。

外は寒くなってきたのですが、水温は今年も高め。

冬はしっかり水温が下がって海藻が生育し、冬の海に変わっていって欲しいのですが、ここ2年くらい高めの水温の日が多く、自然に逆らうことはできませんが、早くいつもの冬の水温になって欲しいなと願っています。

ただ、生物はしっかり夏から秋の海へ、そして冬の海へと変化していっています。

夏・秋の名残は季節来遊魚。今年も沢山の季節来遊魚が僕たちを楽しませてくれました。

特に観察できて嬉しかったのは葉山では珍しいハタタテハゼ(海藻と一緒に撮影できるハタタテハゼ、珍しくないですか?)

ハタタテハゼ

クマドリカエルアンコウミニ。

クマドリカエルアンコウ

そのほか、シテンヤッコの幼魚やマンジュウイシモチ、モンハナシャコが葉山初観測の生き物として観察できました。

冬の海を感じるのはキヌバリの婚姻色が増えてきてことです。これからばんばん生態行動が観察できるようになってくると思います。

キヌバリ

高水温や台風の大型化など心配なことは沢山ありますが、今年も秋の海の様子になってくれていることを嬉しく思います。

いよいよ12月。今年もあと1ヶ月、全力ガイドで頑張っていきたいと思います。

トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/12/nana/sato/5981/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


佐藤 輝
佐藤 輝

1976年1月19日生まれ
ガイド会所属

大学卒業後、都内のホテルに就職し営業マンとして働いていたときに、どうしてもダイビングの仕事がしたくなりサイパンに修業に行く。

サイパンでダイビングの魅力にどっぷりはまり生まれ故郷である葉山で独立することを決意。2005年にダイビングショップNANAを設立し現在に至る。

サラリーマンを辞めて10年!故郷の葉山で子供の頃の心を思い出しつつ葉山の海にどっぷりはまっています。

都心から近い海にも沢山の生物が暮らし凄いパワーを持っていることを自分自身が驚き、楽しみながら伝えられたら良いなと思っています。

三浦半島・葉山
ダイビングショップNANA

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内647
Tel:046-854-4770
Fax:046-854-4771

www.nana-dive.net

ダイビングショップNANA

バックナンバー
夏と秋の入り混じる海=秋の海 < 三浦半島・葉山から < トップ