ガイドのつぶやき - 三浦半島・葉山からThe Diving Junky Magazine

毎日、新しい生き物登場!

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

今年は黒潮の影響を強く受け、例年よりも水温が高く、陸でボートコートなどがあれば問題なくウエットスーツで潜って頂けています。

ただ、水温が高い事はダイバーにとっては良い事が多いですが、海藻や海のサイクルのことを考えると心配が沢山です。そろそろ水温も下がっておいでと密かに願って毎日潜っています。

これも毎年のことですが、今年も多くの季節来遊魚が僕たちダイバーの目を楽しませてくれています。

潜るポイントに新たに三浦を入れたこと、葉山のボートで沖の根に集まってくる季節来遊魚を目にできるようになった事で今までの何倍もの季節来遊魚を今年は観察できるようになりました。

ビギナーの方には普段は観察できないカラフルなお魚達が黒潮に乗ってくる今の時期にのみ観察できる理由を説明して、海の神秘を少しでも感じてもらえたらと思っています。

フォト派の皆さんには、可能なかぎり相模湾でしか撮れない海藻などを入れ込んだ背景、沖縄や海外にはいない生物と一緒に撮影してもらえるようにご案内させて頂いています。状況的に無理な事も多々ありますが。。

海藻背景のカミソリウオ
キュウセン(ベラ)とアカハチハゼ

今は季節来遊魚のピークの季節。

クマドリカエルアンコウ、ミツボシクロスズメダイ、ナガサキスズメダイ、アマミスズメダイ、コガネススズメダイ、ハタタテハゼ、ムスジコショウダイ、コロダイ、ニシキフウライウオ、モンハナシャコなどなど撮影して欲しい生物いっぱいです。

あと少しだけウエットで潜れそうな相模湾に是非遊びにきてください。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2016/11/nana/sato/4641/trackback
佐藤 輝
佐藤 輝

1976年1月19日生まれ
ガイド会所属

大学卒業後、都内のホテルに就職し営業マンとして働いていたときに、どうしてもダイビングの仕事がしたくなりサイパンに修業に行く。

サイパンでダイビングの魅力にどっぷりはまり生まれ故郷である葉山で独立することを決意。2005年にダイビングショップNANAを設立し現在に至る。

サラリーマンを辞めて10年!故郷の葉山で子供の頃の心を思い出しつつ葉山の海にどっぷりはまっています。

都心から近い海にも沢山の生物が暮らし凄いパワーを持っていることを自分自身が驚き、楽しみながら伝えられたら良いなと思っています。

三浦半島・葉山
ダイビングショップNANA

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内647
Tel:046-854-4770
Fax:046-854-4771

www.nana-dive.net

ダイビングショップNANA

バックナンバー

毎日、新しい生き物登場! < 三浦半島・葉山から < トップ