ガイドのつぶやき - 三浦半島・葉山からThe Diving Junky Magazine

人気者、大量出現

こんにちは、葉山の佐藤輝です。

今年は本当に水温が高い!未だ14度台の日が多く、例年に比べると1度から2度高い状態が続いています。

水温が下がると繁茂する海藻類は打撃を受け、今年は葉山の冬を代表する景色である海藻の森はほぼ期待のできない状況です。ワカメの生育も遅く、漁師さん達も困っています。。

ただただダイバーの事を考えれば水温が高い方が良いような気もしてしまいますが、やはり大切な1年のサイクルとして、水温が下がりきらないのも困ったものです。。

不幸中の幸いとしてはダイバーが観察している生物には、それほどの影響がでていないように感じられることです。

1年を通して、1番人気のダンゴウオも2月に入って一気に増えてくれています。

幼魚の時にしか付いていない頭に輪っかの模様がある子や、少し大きくなって欠伸など表情を楽しめる子まで色々なシチュエーションのダンゴウオを楽しんでもらえています。

同じような子を撮るにしてもアップで表情を楽しんだり、

引いて回りの色を入れて楽しんだりと、

色々な撮影方法があるので是非、試してみてもらえたらと思います。

最後は今月のいつものギンポ君です。

いつも同じになってしまうので動画にしてみました。今月も特に大きな変化はありませんでした。

来月、この投稿の頃には海は水温が少し上昇し、プランクトンが増え海が濁る春濁りの季節を迎えている頃だと思います。

透明度が悪いなりにも見所は沢山ある事をご報告できたらと思っています。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2016/03/nana/sato/4233/trackback
佐藤 輝
佐藤 輝

1976年1月19日生まれ
ガイド会所属

大学卒業後、都内のホテルに就職し営業マンとして働いていたときに、どうしてもダイビングの仕事がしたくなりサイパンに修業に行く。

サイパンでダイビングの魅力にどっぷりはまり生まれ故郷である葉山で独立することを決意。2005年にダイビングショップNANAを設立し現在に至る。

サラリーマンを辞めて10年!故郷の葉山で子供の頃の心を思い出しつつ葉山の海にどっぷりはまっています。

都心から近い海にも沢山の生物が暮らし凄いパワーを持っていることを自分自身が驚き、楽しみながら伝えられたら良いなと思っています。

三浦半島・葉山
ダイビングショップNANA

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内647
Tel:046-854-4770
Fax:046-854-4771

www.nana-dive.net

ダイビングショップNANA

バックナンバー

人気者、大量出現 < 三浦半島・葉山から < トップ