ガイドのつぶやき - 三浦半島・葉山からThe Diving Junky Magazine

少しずつ冬の海へ

こんにちは。葉山から佐藤輝です。

ここ葉山は朝晩を中心にいっきに冷え込んできました。

水温も徐々に下降して、なんとか20度台をキープしているといった所です。

水温が20度を切ると海藻の種類も変わり、海の中の様子が目に見えて変わってくるのですが、今のところはそこまでの変化はありませんが、小さな変化は多くなってきました。

まずはウミウシが増えてきました。

これからウミウシ好きな人にはたまらないシーズンの到来ですね。

また季節来遊魚がまだまだ多く観察できているのですが、徐々に1年を通して葉山に住み続ける力のある魚達に縄張りや住処を奪われつつあります。

例えば、このフタホシニジギンポ。10日前までは季節来遊魚のミナミギンポが入っていたのですが見事に追い出されてしまいました。

フタホシニジギンポ

それとは逆に1回いなくなった季節来遊魚が増えたりする種類もあります。

ミナミハコフグの幼魚などはまさにそうなのですが、いよいよ見納めの時期が近づいて来ています。

ミナミハコフグの幼魚

これから透明度が上がり、来月には冬の風物師、ダンゴウオなどもお目見えする可能性のある季節の到来です。

夏や秋の良さは勿論ありますが、冬の葉山の象徴である海藻の森に、マクロ生物に楽しい季節がやってきます。

今月のギンポ君

今月のギンポ君です。こちらは変わらず同じギンポ君が居座っています。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2015/11/nana/sato/4055/trackback
佐藤 輝
佐藤 輝

1976年1月19日生まれ
ガイド会所属

大学卒業後、都内のホテルに就職し営業マンとして働いていたときに、どうしてもダイビングの仕事がしたくなりサイパンに修業に行く。

サイパンでダイビングの魅力にどっぷりはまり生まれ故郷である葉山で独立することを決意。2005年にダイビングショップNANAを設立し現在に至る。

サラリーマンを辞めて10年!故郷の葉山で子供の頃の心を思い出しつつ葉山の海にどっぷりはまっています。

都心から近い海にも沢山の生物が暮らし凄いパワーを持っていることを自分自身が驚き、楽しみながら伝えられたら良いなと思っています。

三浦半島・葉山
ダイビングショップNANA

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内647
Tel:046-854-4770
Fax:046-854-4771

www.nana-dive.net

ダイビングショップNANA

バックナンバー

少しずつ冬の海へ < 三浦半島・葉山から < トップ