ガイドのつぶやき - 三浦半島・葉山からThe Diving Junky Magazine

春の海に

葉山の海

こんにちは。ダイビングショップNANAの佐藤輝です。

陸上もいよいよ暖かくなってきました。少し遅れて、そして、ゆっくりではありますが水温も上昇しています。12度だった水温も16度まで上昇!

ドライのインナーも少しずつ薄くしていっていい時期です。先月から続いている春濁りは4月の中旬ころにピークを迎え、一時は2mくらいの透明度が続いていたのですが、現在、ゆっくりゆっくりではありますが回復中です。

最初の写真でわかるように水温が上がることにより浅場の海藻もいっきに弱ってきました。もう少し弱った頃に海が荒れると、海藻が切れて砂地に落ちます。

その中に生物が暮らし初めます。僕達は流れ藻ダイビングと呼んでいるのですが流れ藻の中にカエルアンコウやタツノオトシゴ、タツノイトコ、ヒメイカなどが隠れはじめます。

弱っている海藻を見ても、流れ藻ダイビングが近くなってきたことも春を感じます。

コケギンポのペア

そして、春といえばコケギンポの産卵です。なかなか産卵に遭遇するのは難しいのですが、写真のようにオスとメスが同じ穴に入って産卵していたりメスを奪い合う、オス同士の喧嘩が見れたりと動きが活発になってきます。

陸上同様、春を見て、感じれる葉山の海からのレポートでした。

来月の投稿では実際の流れ藻ダイビングの報告ができればと思っています。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2014/05/nana/sato/3471/trackback
佐藤 輝
佐藤 輝

1976年1月19日生まれ
ガイド会所属

大学卒業後、都内のホテルに就職し営業マンとして働いていたときに、どうしてもダイビングの仕事がしたくなりサイパンに修業に行く。

サイパンでダイビングの魅力にどっぷりはまり生まれ故郷である葉山で独立することを決意。2005年にダイビングショップNANAを設立し現在に至る。

サラリーマンを辞めて10年!故郷の葉山で子供の頃の心を思い出しつつ葉山の海にどっぷりはまっています。

都心から近い海にも沢山の生物が暮らし凄いパワーを持っていることを自分自身が驚き、楽しみながら伝えられたら良いなと思っています。

三浦半島・葉山
ダイビングショップNANA

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内647
Tel:046-854-4770
Fax:046-854-4771

www.nana-dive.net

ダイビングショップNANA

バックナンバー

もっと見る »


春の海に < 三浦半島・葉山から < トップ