辰年ですよ

10月の連休が終わって、やっと来年のことを考える余裕が出てきました。

本当なら、もう少し早くから考えなくてはいけなかった、冬の海外ツアー。そして、その前に片付けなくてはいけないけど、まだ時間的には間に合う年賀状の準備。どちらも、うかうかしていると、あっと言う間に手遅れになってしまうので、思い立ったらすぐに本腰を入れなくてはなりません。

年賀状と言えば、今年の干支はウサギ年。予想通り、何名の方からウミウサギの仲間の写真年賀状が届きました。名前を知らない人に対して、ウミウサギから「兎」を連想させることが難しいせいもあるのでしょう。干支とは関係のない写真が増えましたね。思い返してみると、普段の日常生活においても、今年が何年だったか?ということを意識する機会が激減したように思います。年賀状を作る時以外は、忘れてしまっています。念の為言っておくと、来年はタツ年です。タツと言えば、タツノオトシゴの仲間たち。イバラタツとか、タツノイトコとか。名前にタツは付かないけど、オイランヨウジやイシヨウジも色が綺麗だし、竜を思わせる形だし、おめでたい雰囲気が出せそうです。ダイバーではない人にも理解してもらえやすそう。

そう言えば、来年、私が八丈に来てちょうど12年が経ちます。その話しを空港で同業者の人にしていた時、急に

「じゃあ、みっちゃんが八丈に来たのもタツ年だったんだね?」

と言われました。そんなことは考えたことも無かったのですが、

「まあ、そういうことになるよね。レグルスに来たばかりの年は、毎日ピグミーばっかり見に行ってた覚えがあるなあ。」

と答えました。すると驚いたことに、

「だって、その年に加藤さんが初めて八丈島でピグミーを見つけたんだよ。」

と言うのです。そのガイドさんは、タツ年に初めてピグミーが見つかったということが、とても印象深く、ずっと覚えていたのだそうです。

もちろん、レグルスに帰って親方にその話しをしたら、本人は全く覚えておらず、びっくりしていました。

それから12年が経とうとしている今年も、レグルスは相変わらず、ピグミーばっかり見に行っていました。この連休中も、どれだけのダイバーがピグミーを撮っていかれたことでしょう。そのうちの何人かは、その写真を年賀状に使ってくださるかしら?

ここまで書くと、今月の写真はピグミーか!?と思われそうですが、違います。

だって、ゲストの皆さんの写真と被っちゃうじゃないですか。黄色いピグミーを探している時に見つけたホシススキベラの赤ちゃん。きれいなウミウチワに身を寄せている姿は、ピグミーじゃなくても、おめでたい感じの写真になりますね。

ホシススキベラの赤ちゃん

年賀状の写真が決まったら、次は海外ツアーの企画です!!

今年は3月にバリへ行ってきましたが、今年は・・・!?!?

早く考えなくっちゃー。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/11/mizutani/1890/trackback

" 辰年ですよ " へのコメント

  1. シーパラ: 2011年11月1日 9:31 PM
    avatar

    へぇ~。
    12年前にピグミーでしたか。それを見たくって、柏島に行ったのはそれより前だと言うのが認識しました。
    その後すぐに、阿嘉島のオケモリさんにご案内されましたが、35mだったかな・・・

  2. み: 2011年11月3日 7:56 AM
    avatar

    一時はピグミーがブームでしたね。
    シーパラさんも、ピグミーを求めてあちこちへ見にいらっしゃったのでしょうか?
    八丈島も35mでした。あまりゆっくり写真を撮っている場合じゃない水深で、人数が多い時はハラハラドキドキでした。
    私は八丈で見る前に、海外で10m前後のところで見たことがあったので、なんでこんなに苦労して見に行かなくっちゃいけないんだろう??と思っていたものでした。

水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.edit.ne.jp/˜regulus

レグルスダイビング

バックナンバー
辰年ですよ < 伊豆諸島・八丈島から < トップ