ガイドのつぶやき - 沖縄・久米島からThe Diving Junky Magazine

とにかく潜る日々

コメント »

通年毎日潜っている僕たちダイビングガイドですが、個人的に一年の中で一番潜る回数が多くなるのは、この初夏の季節。

生物の生態行動がピークを迎え、朝から晩まで、海中はトピックが目白押しでとにかく楽しい季節です。

って、毎年同じことを言っている気がするけれど…(笑)

卵を守るシモフリタナバタウオ

写真上部に見える黄色のものが卵です。

普段は穴や亀裂の奥まった所で生活していて、じっくり観察するのが難しい魚ですが、卵を守っている時は、卵の世話をし、側を離れないので観察が容易になります。

このシーンを見かける頻度は、それほど多くないので、出会えたら嬉しいシーンの一つです。

スミレヤッコの産卵

生物の繁殖行動が多く見られるサンセットダイブ。

比較的ヤッコの仲間は数も多く、紹介しやすいです。まずはヤッコを狙って潜ることが多いです。

カスリフサカサゴの産卵

日中はサンゴの中から、めったに出てこないこの魚ですが、日没前になると、サンゴの上に出てきてオスとメスが寄り添ってます。

そしてその後は、特にアクションがあるわけでもなく、少しだけ斜めに上昇して産卵します。

地味~な感じは否めません…(笑)

産卵後、メスのお腹からは約1cmほどの卵隗が二つ出てきます。

ハナゴイの産卵

もともと華やかなハナゴイ。

産卵時は尾びれや、顔周りが黄色っぽくなる婚姻色を出し、より一層美しくなります。

イッテンチョウチョウウオの産卵

ようやく観察することのできたチョウチョウウオ科の産卵。

まだまだ観察できた回数は少ないので、これからもリサーチ頑張ります。

バラハタの産卵

オスのアプローチがとても激しい上に、産卵時はペアで急上昇して産卵します。

見た目通りワイルドな産卵です(笑)

トウカイナガダルマガレイの稚魚
ユキフリソデウオの稚魚

BWDの写真も。次回開催は7月末です。

これから夏本番! もうしばらく「とにかく潜る日々」が続きます!

関連キーワード:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉田 健太朗
吉田 健太朗
(よしだ・けんたろう)

1990年7月9日生まれ
三重県の漁師町出身

祖父も父も漁師、というか周りの大人のほとんどが漁師。幼少の頃より海のある生活が当たり前だった。

いつからダイビングに興味があったのか定かではないが、高校生の頃、進路相談の際に「どこの大学に行きたいんや?」と聞かれ、「ダイビングをしやすそうな所」と答える。

そんな理由から、静岡の大学に進学し、ダイビング部に入部する。そこからの学生生活は、潜る事だけを考え、アルバイトとダイビング漬けの毎日を送る。

そんな中で、20歳の夏に初めて久米島を訪れ、“ESTIVANT”に強く惹かれ、その時に就職することを決意する。

海を通し、数多くの素晴らしい出会いと刺激のあるこの環境の中で、真剣に海と向き合い、ただがむしゃらに突っ走っていこうと思います!!

沖縄・久米島 エリア情報

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
関連キーワード

アオサハギアカグツイサキイソバナイソマグロイトヒキベライナダウミウウミヒルモオオメカマスオキノスジエビオルトマンワラエビカジメカマスガラスハゼキザクラハゼキンギョハナダイギンガメアジコバンザメサクラダイザトウクジラシモフリタナバタウオショウジンガニスジキツネベラスジハナダイセダカギンポセホシサンカクハゼセボシウミタケハゼセンカエルウオソフトコーラルソメイヨシノタカベタコベラタテジマヤッコタマギンポダンゴウオチリメンウミウシテヅルモヅルエビテングダイトビヌメリニシキオオメワラスボニジギンポニホンイモリハチジョウタツブラックフィンバラクーダベニゴマリュウグウウミウシホヤホンダワラマメダワラミジンベニハゼモンガラカワハギモンツキカエルウオロウソクギンポワクロ幼魚産卵白化

とにかく潜る日々 < 沖縄・久米島から < トップ