ガイドのつぶやき - 沖縄・久米島からThe Diving Junky Magazine

GOTOトラベル

コメント »

もう既にたくさんの方がご利用されたのではないでしょうか??

ここ久米島も「GOTOトラベル」の恩恵を受け、たくさんのダイバーや観光客の方にご来島頂いております!

当店は「コロナウイルス感染対策」としまして、普段よりもお受け出来るご予約数を三分の二程度に減らしていますので、その影響もあり、平日・週末問わず満席の日が続いております。

ここ数日で、久米島もかなり涼しくなり、季節は徐々に冬に向かっています。

海の方も9月末から、北風が吹き続け、これまでは北側のポイントで楽しんでいましたが、南側のポイントがメインになりつつあります。

トンバラ岩とツムブリ

やっぱりリクエストが多いのは「トンバラ」、比較的行きやすい時期になってきました。

マンタとコバンザメ

秋のマンタが絶好調です!

個人的には、遭遇率や数は秋が一番じゃないかなーっと思ってます!

アオウミガメとダイバー

島の南西側にあるカメポイント。

これからの時期は頻繁に行きますが、多い時は30匹以上のカメに遭遇します!

むしろ、ここで一匹もカメに会えないなんてのは激レアです(笑)。

卵を守るモンツキカエルウオ

もう旬は過ぎてますが、11月中頃くらいまでなら卵を守っている姿が見れるかもしれません!

変色したミノイソギンチャク

これは今が旬!!

夏の高水温の影響で変色してしまったミノイソギンチャク。

水温が下がると元の色に戻るので、この不思議な色を見るならまさに今ですよー!!

ウルトラマンホヤとカールおじさんホヤ

これからの旬はやっぱりホヤです!

まだ数は少ないですが、これからどんどん増えていきます!

さて、これからご来島予定のお客様はちょっとした防寒対策をお忘れなく・・・。

沖縄だからと言って油断していると痛い目に合う事も・・・。

船上のボートコートは必須です!!!

また、引き続き「コロナウイルス感染対策」ご協力をお願い致します。

水中は変わらず全力で楽しみましょう。

宜しくお願いします!

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/11/estivant/yoshida/6556/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉田 健太朗
吉田 健太朗
(よしだ・けんたろう)

1990年7月9日生まれ
三重県の漁師町出身

祖父も父も漁師、というか周りの大人のほとんどが漁師。幼少の頃より海のある生活が当たり前だった。

いつからダイビングに興味があったのか定かではないが、高校生の頃、進路相談の際に「どこの大学に行きたいんや?」と聞かれ、「ダイビングをしやすそうな所」と答える。

そんな理由から、静岡の大学に進学し、ダイビング部に入部する。そこからの学生生活は、潜る事だけを考え、アルバイトとダイビング漬けの毎日を送る。

そんな中で、20歳の夏に初めて久米島を訪れ、“ESTIVANT”に強く惹かれ、その時に就職することを決意する。

海を通し、数多くの素晴らしい出会いと刺激のあるこの環境の中で、真剣に海と向き合い、ただがむしゃらに突っ走っていこうと思います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー

GOTOトラベル < 沖縄・久米島から < トップ