ガイドのつぶやき - 沖縄・久米島からThe Diving Junky Magazine

あけましておめでとうございます

コメント »

あけましておめでとうございます。

今年もたくさんのお客様に球美の海を楽しんでもらえるよう日々精進いたします!

ナンヨウマンタ

「マンタを見るなら久米島へ!」

そんなイメージもしっかり定着してきたように思います。

もちろん、生物リクエスト人気NO.1は断トツでマンタ!

でも、現地ガイドとしては、久米島はマンタ以外の生物も充実してますよ〜と、声を大にして言いたい今日この頃です(笑)。

カスミチョウチョウウオ

これからの冬シーズンは、海況が良ければ足しげくトンバラ通い!

そんなトンバラの中でのオススメスポットがここ!

ガンガン泳いでがっつりワイド攻めも楽しいですが、華やかなところに狙いを絞って潜るのもおすすめです!

シコンハタタテハゼとアケボノハゼ

ハゼの人気種「シコンハタタテハゼ」

昨年は当たり年で、数か所のポイントで観察することができました。

そして、まだ観察できてます。

今年もたくさん出てくれますよーに!!

そんな願いも込めてここに登場させて頂きました。

泡

「どこよりもこの海がいい」

何本潜ってもこの思いは変わりません。

今年も変わらず楽しくガイドさせてください!

皆様お待ちしております!!

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/01/estivant/yoshida/6029/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


吉田 健太朗
吉田 健太朗
(よしだ・けんたろう)

1990年7月9日生まれ
三重県の漁師町出身

祖父も父も漁師、というか周りの大人のほとんどが漁師。幼少の頃より海のある生活が当たり前だった。

いつからダイビングに興味があったのか定かではないが、高校生の頃、進路相談の際に「どこの大学に行きたいんや?」と聞かれ、「ダイビングをしやすそうな所」と答える。

そんな理由から、静岡の大学に進学し、ダイビング部に入部する。そこからの学生生活は、潜る事だけを考え、アルバイトとダイビング漬けの毎日を送る。

そんな中で、20歳の夏に初めて久米島を訪れ、“ESTIVANT”に強く惹かれ、その時に就職することを決意する。

海を通し、数多くの素晴らしい出会いと刺激のあるこの環境の中で、真剣に海と向き合い、ただがむしゃらに突っ走っていこうと思います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー

あけましておめでとうございます < 沖縄・久米島から < トップ