ESTIVANT 2019 WWS船

豪海倶楽部の先月号で当店スタッフの中島がクジラの魅力を存分に伝えてくれましたが、二か月続けてクジラの話題になります・・・。

しかし、冬の久米島はクジラ抜きには話せません(笑)

皆様、広い心でお付き合いください!!

船上ウォッチング

ホエールウォッチング&スイムツアー(以下、WWS船)開催から、約一か月が経過しました。

「クジラと一緒に泳ぎたい」

海や生物が好きな人なら、誰しもが夢見るような事が、身近にある毎日を過ごしています。

親子テール

素敵な出会いがある日もあれば、そうでない日もあります。

もちろん、自然を相手にしているので当然の事です。

その事を理解した上で、乗船して下さるお客様がいるおかげで、クジラを探す日々が続いています。

親子背中

どうすればより良いシーンをお客様に提供できるのか??

かつ、クジラへの思いやりも決して忘れない。

いつも念頭に置きながら、船でのアプローチや、水中でのアプローチを、その日その時で判断しています。

「常により良いものを!」

より多くの素敵なシーンを、多くのお客様と、そしてクジラと共有できるよう頑張ります!!

泡を吐く雄クジラ

この写真は、元アルバイトのRICKYから頂きました!

素敵な写真をありがとう!!

「ESTIVANT 2019 WWS船」も残すところ3週間。

最後まで何卒宜しくお願い致します!!

トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/03/estivant/yoshida/5533/trackback
吉田 健太朗
吉田 健太朗(よしだ・けんたろう)

1990年7月9日生まれ
三重県の漁師町出身

祖父も父も漁師、というか周りの大人のほとんどが漁師。幼少の頃より海のある生活が当たり前だった。

いつからダイビングに興味があったのか定かではないが、高校生の頃、進路相談の際に「どこの大学に行きたいんや?」と聞かれ、「ダイビングをしやすそうな所」と答える。

そんな理由から、静岡の大学に進学し、ダイビング部に入部する。そこからの学生生活は、潜る事だけを考え、アルバイトとダイビング漬けの毎日を送る。

そんな中で、20歳の夏に初めて久米島を訪れ、“ESTIVANT”に強く惹かれ、その時に就職することを決意する。

海を通し、数多くの素晴らしい出会いと刺激のあるこの環境の中で、真剣に海と向き合い、ただがむしゃらに突っ走っていこうと思います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
ESTIVANT 2019 WWS船 < 沖縄・久米島から < トップ