ガイドのつぶやき - 紀伊半島・尾鷲からThe Diving Junky Magazine

蛙合戦

コロナショックでいろいろ大変なご時世ですが、こんな時こそ元気が出るような、旬でホットな情報を尾鷲からお伝えできればと思います。

やっと近所のスーパーでも、トイレットペーパーが棚に並ぶようになりほっと一息。

三重県の感染者はまだ少なめですが、今度は東京が大変な事態になってきたようで、ウイルスとの闘いはしばらく続きそうです。皆さんも、手洗い、マスクでご家族とご自身をしっかりと守って下さい。

さて、尾鷲の山奥を流れる、早春の銚子川では、年に二日間だけの熱いシーズンを迎えています。

準絶滅危惧種、ナガレヒキガエルの繁殖行動、子孫の生き残りをかけて、壮絶な闘いが繰り広げられます。爬虫類が苦手な方は、ご了承くださいませ。

まずは優雅に遊泳中のヒキガエルのペア、上に負ぶさっている小さいのが雄、下の大きいのが雌です。

気に入った雌を見つけると、産卵日までガッツリ離れません。移動する時もこんな感じでラブラブです。

抱接中のペア

しかし、カエルの世界も大変です。そう、恋敵の出現です。

抱接中のペアに強引にアタックする雄が現れました。3匹でダンゴになって蛙合戦の始まりです。

僕も若い時は、そんな事したっけな・・・(笑)

抱接中のペアにアタックする雄

既にペアになった雄も必死、必殺技、後ろ足キックで防衛します。

蹴飛ばされる雄

壮絶な闘いに勝ち残ったペアは、とある深夜の二日間だけ一斉産卵を開始します。

一斉産卵

そして渓流にも流されない、美しい紐状の卵塊でいっぱいになります。

卵塊

熱い二日間の産卵行動が終了すると、カエル達は再び春眠をするため、森へと帰って行きます。

抱接中のペア

大自然の中で繰り広げられる蛙合戦、元気が伝わりましたでしょうか。

それでは、春が近づく東紀州でお待ちしております。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/04/ito/6215/trackback
伊藤
伊藤 英昭
(いとう・ひであき)

1969年12月24日生まれ
三重県尾鷲市出身

某俳優と同じ名前なので、ふざけてるのかと思われることがあるようですが、本名です。

休日は波乗り、サイクリングに出かけ、最近はカメラ片手に自然のバイブレーションを追い求めている。

趣味は文科系で、ビンテージラジカセ収集、アナログレコード鑑賞。

紀伊半島・尾鷲
ダイブサイト シードリーム

〒519-3621
三重県尾鷲市行野浦204
Tel:0597-23-2789
Fax:0597-25-2312

www.owase-seadream.com

ダイブサイト シードリーム

姉妹店
紀伊半島・尾鷲
梶賀ダイビングサービス

〒519-3923
三重県尾鷲市梶賀町4番地
Tel:080-4547-4699
Fax:0597-25-2312

www.kajika-ds.com

姉妹店
紀伊半島・松阪
潜水屋

〒515-0813
三重県松阪市大塚町366-7
Tel:0598-50-2331
Fax:0598-31-2321

www.sensuiya.com

バックナンバー

蛙合戦 < 紀伊半島・尾鷲から < トップ