ガイドのつぶやき - 紀伊半島・尾鷲からThe Diving Junky Magazine

あーあ、母の偉大さ

まずは、子育て話にお付き合い下さいませ。

我が家の子供達もおかげさまで3歳と5歳になり、早くも今年はラン活(人気ランドセルの予約注文)です!!

こんな事を言ったら当たり前やろ、と言われそうですが、本を読んだり、音楽をきいたり、テレビを見たりとかは無縁の生活となり、子供優先の生活にどっぷりと浸っています。

嫁はもっと子育てで忙しいのは当然で、我が事は二の次にする、母の愛情に頭が下がります。

さて、尾鷲の真骨頂になりつつある、アヤトリカクレエビの最新情報です。

アヤトリカクレエビの抱卵

毎年、この時期になると繁殖を迎えて、至る所で見られるようになります。

しかも、冬場の水温でイソギンチャクが開花するチャンスが多くなり、美しい絵作りが楽しめます。

アヤトリカクレエビの卵

先日も堀口カメラマンに、伊豆方面の情報も聞いてみましたが、尾鷲はずば抜けて個体数が多い感じ、しかも18〜23mの浅い深度という条件付きで。

アヤトリカクレエビのペア

しかも、二色楽しめるなんて、アヤトリ天国と呼んでいいと思います。

豹柄のアヤトリカクレエビ

そして、同じ時期に繁殖真っ最中の、ボシュウボラ、

ボシュウボラの抱卵

母貝の下にはトックリホウズキと呼ばれる卵塊があり、母貝は3ヶ月間食事を摂らず、卵を守り続け、春に子供達が孵化すると、母貝は力尽きるそうです。

この壮絶なドラマ、つい先日、アイアンの鉄さんに教えて頂いたところでした。

貝がそこまで母性本能を持ち合わせていることに、驚きと神秘と感動を覚えます。

もし、水中で見かけたら、そっと応援して上げてくださいね。

それでは、紀伊半島のファーイースト、尾鷲でお待ちしております。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/02/ito/6082/trackback
伊藤
伊藤 英昭
(いとう・ひであき)

1969年12月24日生まれ
三重県尾鷲市出身

某俳優と同じ名前なので、ふざけてるのかと思われることがあるようですが、本名です。

休日は波乗り、サイクリングに出かけ、最近はカメラ片手に自然のバイブレーションを追い求めている。

趣味は文科系で、ビンテージラジカセ収集、アナログレコード鑑賞。

紀伊半島・尾鷲
ダイブサイト シードリーム

〒519-3621
三重県尾鷲市行野浦204
Tel:0597-23-2789
Fax:0597-25-2312

www.owase-seadream.com

ダイブサイト シードリーム

姉妹店
紀伊半島・尾鷲
梶賀ダイビングサービス

〒519-3923
三重県尾鷲市梶賀町4番地
Tel:080-4547-4699
Fax:0597-25-2312

www.kajika-ds.com

姉妹店
紀伊半島・松阪
潜水屋

〒515-0813
三重県松阪市大塚町366-7
Tel:0598-50-2331
Fax:0598-31-2321

www.sensuiya.com

バックナンバー

あーあ、母の偉大さ < 紀伊半島・尾鷲から < トップ