晩秋の絶景

コメント »

尾鷲から伊藤が東紀州の旬の情報をお届け致します!

まずはこの11月に東紀州では初開催となった、フォトイベント ABE college in 尾鷲、その講師を務めて頂きました、写真家の阿部秀樹さん、サポートして頂いたメーカー様、たくさんの参加くださったゲストの皆様、そして、今回のイベントを後押しして下さいました、豪海倶楽部の吉野雄輔さん、フィッシュアイの岡田さんには心より御礼を申し上げます。

さて、東紀州にも晩秋がおとずれ、清流の銚子川では絶景が楽しめます。

紅葉リバー

実はこの場所、阿部さんと滞在中に探し当てた、絶好のポイントです。まだ、ギリギリ楽しめると思います。

河口域に生息するヌマチチブ雄同士のディスプレイ、

ヌマチチブ

海に目を移すと、東紀州名物の寄生イソギンチャクに、エビが乗ったり、

セトヤドリエビ

ガラスハゼの幼魚が乗ったり、

ガラスハゼの幼魚

ナシジイソギンチャクでは、アヤトリとハゼのコラボなど、

アヤトリカクレエビとガラスハゼ

少しずつ冬の生物たちが楽しめるようになってきました。

そして、11月の中旬に尾鷲シードリームで初開催となった、ABE collegeではたくさんのゲスト様にご参加頂きました。

2日間の日程での開催でしたが、ABE CUP直前ということもあり、みなさん超真剣に受講されていました。

ABE collegeの様子
阿部さんと

そして、最後に、DAN JAPANさんのウェブマガジンの、表紙と裏表紙を担当させて頂いております。7月号、10月号、11月号の予定です。

尾鷲の素晴らしさが更に広まると嬉しいです。

Alert Diver 10月号

それでは、ネタいっぱいの尾鷲でお待ちしております。

トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/12/ito/6013/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


伊藤
伊藤 英昭(いとう・ひであき)

1969年12月24日生まれ
三重県尾鷲市出身

某俳優と同じ名前なので、ふざけてるのかと思われることがあるようですが、本名です。

休日は波乗り、サイクリングに出かけ、最近はカメラ片手に自然のバイブレーションを追い求めている。

趣味は文科系で、ビンテージラジカセ収集、アナログレコード鑑賞。

紀伊半島・尾鷲
ダイブサイト シードリーム

〒519-3621
三重県尾鷲市行野浦204
Tel:0597-23-2789
Fax:0597-25-2312

www.owase-seadream.com

ダイブサイト シードリーム

姉妹店
紀伊半島・尾鷲
梶賀ダイビングサービス

〒519-3923
三重県尾鷲市梶賀町4番地
Tel:080-4547-4699
Fax:0597-25-2312

www.kajika-ds.com

姉妹店
紀伊半島・松阪
潜水屋

〒515-0813
三重県松阪市大塚町366-7
Tel:0598-50-2331
Fax:0598-31-2321

www.sensuiya.com

バックナンバー
晩秋の絶景 < 紀伊半島・尾鷲から < トップ