ガイドのつぶやき - 伊豆諸島・八丈島からThe Diving Junky Magazine

黒潮さまさま

日記を振り返って見てみると6月15日に「水温が15℃まで下って、手が痛かった」と書いてありました。その1週間後には急上昇し、23℃まで上がって、これならウェットスーツでも寒くない♫と喜んでいました。

今年は黒潮が蛇行し、このまま水温低空飛行の一年になるのかな…と、心の中で悲しんでいたのです。

でも23℃で上がれば、そんなに辛くはありません。5ミリのワンピースでも、フードベストなど中に着込めば快適なダイビングが楽しめます。これなら良いや・・・と思っていたら。

ほんの1ヶ月の間に、黒潮の蛇行が完全になくなりました。

7月27日現在で、こんな感じ。

7月27日現在の黒潮

黒潮は八丈島を通り越してさらに北上、八丈島周辺の水温はなんと28〜29℃まで上がりました。

7月の時点で、こんなに上がるのは珍しいのでは? 

暑がりの私は、3ミリのツーピース。体験や講習の時にはジャケットも着ることができず、3ミリのシーガルだけ。

陸も海も30℃…、熱中症対策の方が大事です。

いくらなんでも熱すぎるー!! って、贅沢でしょうか?

そして水温だけでなく、海の中の様子もたった一ヶ月で劇的に変化しました。

元々いた生き物たちが活発になり、南方系の幼魚たちの種数が増えました。

特に島内のガイドたちがゲストよりも夢中になっていたのがこちら。なんと水深18mのマダラハナダイ。

見つけたのはウミウシ好き業界では有名なナターニさん。そのせいで、このマダラハナダイが仲間内でナターニと呼ばれています。

マダラハナダイ

もしかして何千匹、いや何万匹も八丈島に流れ着いたのではないか?と思うほど数多く見られたのがノコギリハギの幼魚。

例年もそれほど珍しいわけではなく、いろんな場所で見られるのですが、今年は尋常ではない個体数。それも、みんな赤いイソバナに寄り添って、とってもフォトジェニック。中には10匹近く、大小のノコギリハギが1つのイソバナに付いていたこともありました。

ノコギリハギの幼魚

マクロ派に限らず、青い海を楽しみに来たダイバーも大喜び。

カメと一緒に泳いだり。

カメと一緒に泳ぐダイバー

吐いた泡でムロアジの群れを集めたり。

ムロアジの群れ

まだ夏は始まったばかり。この調子が続いたら、8月の八丈島はどうなっちゃうの?

来月の豪海倶楽部もお楽しみに!!

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2015/08/regulus/mizutani/3971/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー

黒潮さまさま < 伊豆諸島・八丈島から < トップ