ガイドのつぶやき - 伊豆諸島・八丈島からThe Diving Junky Magazine

春の産卵

最近、ちょっとひと工夫した写真が多く見られるようになりました。

以前は、個性的な写真作りにはマニュアルモード撮影が必須で、絞りを開けるとか、シャッタースピードを遅くするとか、レンズを変えるとか、それなりにカメラの知識も必要でした。

しかしそれでも飽き足らず、さらに人と違う作品作りのために、スヌート、宙玉、その他いろいろなツールも使われるようになりました。いずれも陸撮で使われていたツールですが、水中に持ち込むことによって、見たことのない水中写真が見られるようになりました。

しかし、そういった新たな水中撮影が流行っていく一方で、イマイチ、ムービーが盛り上がってきていない気がするのは私だけ? 撮るのが難しいのか? あとの編集が難しいのか? コンデジのムービーも画質が良くなったし、一眼だってムービーが撮れるようになったし、ライトだって安くなったのに。

そんな偉そうなこと言ってる私も、撮っているのは今までと同じようなものばかりで、「おおっ! これは斬新」と思ってもらえるようなものは撮れていません。

マクロ好きにとって春と言えば、八丈ではウミウシが湧き、アマミスズメダイが春の訪れを知らせ…となるのですが、実はヘビギンポたちの産卵の季節。あまり注目されていませんが、いろんなドラマが展開されているのです。

水深2m程度なので、自然光で撮っています。

これから5月いっぱいまで、いろんなヘビギンポの産卵が見られるはず。

コツコツ撮ってみようと思います。

ヘビギンポの産卵
トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2015/05/regulus/mizutani/3890/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー

春の産卵 < 伊豆諸島・八丈島から < トップ