ガイドのつぶやき - 伊豆半島・川奈からThe Diving Junky Magazine

再海(さいかい)へ向けて

こんにちは、川奈日和のけいいちです!

連日ニュースでは、新型コロナウイルスの感染が拡大を増している状態ですね。。。とても心配な日々です。

当店がある川奈では、先月頭から各ショップ営業休止状態で、伊東市漁協川奈支所も休業となり、現状では海に入れない状態です。。。

暗い話題が多い日々が続き、遠出も出来ず何とも歯痒い状態が続いておりますが、ここで我慢すれば、きっと夏までには、と前を向いて日々過ごしていきましょう!

さて、5月に入り、水中では水温も徐々に上がって、魚達の活動がますます活発になる時期です!

そして、潜水時間も16日から16時30分まで伸びます。日中のんびり3本いけちゃうんですよね♫

これからは見どころ満載なので、1日3本たっぷり潜れるのが嬉しいですね。

先ずは、先月沈めたアオリイカの産卵床が気になるところです。

アオリイカの産卵
アオリイカの産卵

メスをエスコートするオス。その際の目は優しい目をしています。

ここのところアオリイカの産卵は、当たり年が続いてますので、今年も期待です!

人が海に入っていない分、ストレスがないのでもう集まってきていたりするのかな?

考えただけでワクワクしてしまいます♫

アオリイカのオス同士のケンカ
アオリイカのオス同士のケンカ

この時の目は、真っ黒になり体色も黒く威嚇モードになります。

メスを巡るオス同士のバトルは迫力満点!

交接シーンやメスの奪い合いを、漁夫の利するはぐれオス、、、など、ドラマチックなシーンが目白押しです。

カエルアンコウのあくび
カエルアンコウのあくび

そして、もう一つ川奈のこれからは砂地に現れる「カエルアンコウ」です。

ウミヒルモという緑色の海草に隠れる小さいサイズから、少し成長したサイズまでと、こちらは可愛さ抜群のアイドルですね♫

そして、水温もさらに上昇すれば、魚達の生態シーンの季節も始まり、南方系の幼魚が集まり、ますます目が離せません!

今はまだ我慢、我慢!の時期ですが、きっとこの先には楽しいことがいっぱい待っていると想って、今を乗り越えましょう!

それまで、皆さんどうぞお体にお気をつけてお過ごし下さいませ。

トラックバック URL:
https://www.gokaiclub.com/2020/05/kawana/kimishima/6275/trackback
君島 啓一
君島 啓一

1985年2月27日生まれ
東京生まれ、神奈川県鶴見育ち

学生時代にダイビングと出会い、そのまま専門学校に通いながらインストラクターを目指す。卒業後は伊豆の富戶で毎日のように潜り続け、その後久米島でのガイドを経て、2017年10月から川奈に。

根っからの都会っ子のように見えるが、実はすでに都会の血は薄れ、伊豆ののんびりした空気にどっぷりと浸かってしまったようだ。

伊豆半島・川奈
Diving Service 川奈日和

〒414-0044
静岡県伊東市川奈673-5
Tel:0557-44-5755

www.b-yori.com

DivingService川奈日和

バックナンバー

再海(さいかい)へ向けて < 伊豆半島・川奈から < トップ