「令和」最初の風物詩

コメント »

こんにちは、川奈日和のけーいちです!

寒い冬も終わり、よーやく暖かい日が多くなってきましたね。

先日川奈では地元漁師の皆さんと、現地ガイド合同で毎年恒例のアオリイカ産卵床の設置作業が行われました。陸で束ねた「ソダ」を予め決めたエリアに落とし、水中班はそれを整える作業です。

水中に投入されたアオリイカの産卵床

アオリイカが産卵しやすいように、こんな感じかな〜と考えながら整えていきます!

水中に投入された産卵床を整える、現地ガイドダイバー

水中では浅瀬ですでにアオリイカの姿が見られています。

これに水温上昇も合わされば、これからの風物詩「アオリイカの産卵」が見られると思います。

昨年のアオリイカペア、メスをエスコートするオス

オスがメスをエスコートし、その間他のオスの邪魔が入らないように守る!

この時のオスの目にも注目です。なんとも優しい目つきをしているんですね♫

昨年撮影した、アオリイカのオス同士の闘争シーン

逆にオス同士の戦いの時は、体色はもちろん目の色も真っ黒に変えてのバトルシーンは迫力満点です♫

時点で水温も17℃台に上がり、アオリイカの卵も産卵床に付き始めています。

沢山のアオリイカが産卵に訪れ、令和時代の幸先いいスタートとなることを期待したいですね。

トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/05/kawana/kimishima/5630/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


君島 啓一
君島 啓一

1985年2月27日生まれ
東京生まれ、神奈川県鶴見育ち

学生時代にダイビングと出会い、そのまま専門学校に通いながらインストラクターを目指す。卒業後は伊豆の富戶で毎日のように潜り続け、その後久米島でのガイドを経て、2017年10月から川奈に。

根っからの都会っ子のように見えるが、実はすでに都会の血は薄れ、伊豆ののんびりした空気にどっぷりと浸かってしまったようだ。

伊豆半島・川奈
Diving Service 川奈日和

〒414-0044
静岡県伊東市川奈673-5
Tel:0557-44-5755

www.b-yori.com

DivingService川奈日和

バックナンバー
「令和」最初の風物詩 < 伊豆半島・川奈から < トップ