草原のアイドル

コメント »

こんにちは、川奈日和のけーいちです。

初夏らしい暑い日が続き、水中も水温が20℃まで上昇してウェットダイバーが多くなってた川奈では、前回記事にさせていただいたアオリイカも、更に産卵スイッチが入りダイバーを楽しませてくれています。

そんな砂地では、今年ヤマトウミヒルモが沢山見られ、草原のようにあたり一面びっしりと生えています。

そこにちょこんと、可愛らしい姿を見せてくれるカエルアンコウが最近では人気の被写体となってます。

ヤマトウミヒルモに隠れるカエルアンコウの幼魚

小指の爪サイズくらいの大きさなので、ヤマトウミヒルモの影に隠れて見失ってしまうほど小さく。。。一瞬いなくなったかとヒヤヒヤする時もありますが、よーく目を凝らすとひっそりと隠れてます。

じーっと動かないと思いきや、いきなりエスカ(疑似餌)を振りはじめたり、あくびをしたり、ズンズンと歩きはじめたりと、その可愛らしい行動は見てて飽きません。水深も浅く、撮影するにも観察するにももってこいの場所です!

これから更に個体数が増えていきますので、この時期にしか見れないシーンを、皆様お見逃しなく!!!

トラックバック URL:https://www.gokaiclub.com/2019/06/kawana/kimishima/5670/trackback

コメントをどうぞ

CAPTCHA


君島 啓一
君島 啓一

1985年2月27日生まれ
東京生まれ、神奈川県鶴見育ち

学生時代にダイビングと出会い、そのまま専門学校に通いながらインストラクターを目指す。卒業後は伊豆の富戶で毎日のように潜り続け、その後久米島でのガイドを経て、2017年10月から川奈に。

根っからの都会っ子のように見えるが、実はすでに都会の血は薄れ、伊豆ののんびりした空気にどっぷりと浸かってしまったようだ。

伊豆半島・川奈
Diving Service 川奈日和

〒414-0044
静岡県伊東市川奈673-5
Tel:0557-44-5755

www.b-yori.com

DivingService川奈日和

バックナンバー
草原のアイドル < 伊豆半島・川奈から < トップ